赤楚衛二、妖怪・天邪鬼役は「平成初期のギャルをイメージ」

映画・舞台 公開日:2021/08/13 23
この記事を
クリップ

寺田心が主演する映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の初日舞台挨拶が13日、都内の劇場にて開催。寺田、杉咲花、大沢たかお、安藤サクラ、大倉孝二、大島優子、赤楚衛二、三池崇史監督が登壇した。


同作は、1968年からの3部作、2005年には平成版が興行収入20億円の大ヒットを記録した映画『妖怪大戦争』の“令和版”。数奇な運命に導かれ、世界の存亡をかけた戦いに挑む主人公・渡辺ケイの姿を描く。


ケイと行動を共にする天邪鬼役の赤楚は、寺田演じるケイに「芯がある強い男だなと思いました」としみじみ。「一緒に紙ヒコーキを飛ばしました」と撮影現場の思い出を振り返り、寺田も「めっちゃ遊びました!」と笑顔を浮かべた。


大島は寺田について「年代が大倉さんと同じくらいと感じたエピソードがあって、心くんが食事にすごい気をつけてたんですよ。スムージーを飲んだりだとか」と暴露。「体に気をつける食事を摂っていたので、体調を崩したら撮影も大変なので、さすが主演たるものはこうでなくちゃと、私も勉強になりました」と驚きとともに学びがあったことを明かした。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 56件)