Snow Manラウール「球技が苦手」と語るも華麗なシュートで沸かせる

映画・舞台 公開日:2021/08/07 11
この記事を
クリップ

集英社「りぼん」連載作品、累計発行部数750万部突破の大ヒット少女コミック「ハニーレモンソーダ」(村田真優)待望の実写映画『ハニーレモンソーダ』が大ヒット上映中。

Snow Manのラウールが映画単独初主演で主人公・三浦界役を務める。またヒロインの石森羽花役を吉川愛が演じるほか、個性溢れる同級生役に堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美ら人気実力ともに兼ね備えた若手俳優たちが大集結。


主人公・界(ラウール)の胸きゅんセリフや仕草のカッコよさにハニレモおかわりしている人が続出中の本作だが、ほかにも界がバスケットボールをするシーンではSNSで「バスケをする界くんがカッコイイ」「界くんのバスケ姿は神です!」とイケメンすぎる界に話題沸騰中。


今回はスポーツ万能な界が友人の友哉&悟らイケメントリオでバスケをしながら、華麗なゴールを決めるバスケシーン<場面写真>&<メイキング映像>を特別に公開。この度解禁された場面写真は、主人公・界(ラウール)が友人の友哉(濱田龍臣)&悟(坂東龍汰)たちと体育館でバスケに興じる姿と、その姿をギャラリーの女子生徒に混じって応援するヒロイン・羽花(吉川愛)の写真。


学校で1番の人気者で基本塩対応だけど本当は誰よりも優しい界は、スポーツも万能。友人の友哉や悟と一緒にバスケに興じているときでも、女子生徒からの黄色い声援が飛び交う。


今回解禁された界がバスケをプレーをする写真は、演じたラウールが188センチという長身を活かした、ジャンプシュートをする場面。まるで本物のプロバスケットボール選手であるかのような雰囲気を出している。この後、華麗にシュートを決めて、女子生徒からの歓声も一際大きくなる。



界に憧れる羽花は、大勢のギャラリーの中に混じって彼を見守る。内気な彼女は、他の女子生徒と違い、声援を送ることは出来ないでいるが、界がゴールを決めた時には静かに、でも嬉しそうに喜ぶ仕草を見せる。スポーツも万能で学校一の人気者である界と、内気な自分から変わりたいと思いながらも、なかなか一歩を踏み出せない羽花。そんな二人のキャラクターがよく分かる場面写真となっている。


さらに、場面写真に併せてメイキング映像も特別に公開。まずはラウールがドリブルからのレイアップシュートを決めるメイキングシーンから。綺麗にドリブルとシュートを決めると、女子生徒たちからは大きな歓声が。カメラに写っているところではクールに振る舞っているラウールだが、カメラから外れるとシュートを決めた喜びを爆発させる一幕も。これには濱田も「17歳が出てるぞ!可愛いな!」と笑顔でコメント。(※撮影時は17歳)しかし、本作のインタビューでも「球技は苦手」と語っているラウール。バスケが得意だという坂東から指導を受けるも、なかなか思うように出来ず苦戦している様子も映像には収められている。それでも撮影時には綺麗なドリブルとシュートを見せたラウール。これには坂東も「完璧!」と褒め称え絶賛した。


ぜひ本作でラウールが見せた話題沸騰中の華麗なドリブルとシュート、その裏に隠されたラウールの努力家な一面も注目いただきたい。




『ハニーレモンソーダ』

大ヒット上映中

企画・配給:松竹

(c) 2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (c)村田真優/集英社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)