黒羽麻璃央、鈴木拡樹の“三日月宗近”を見て「挫折してしまった」

映画・舞台 公開日:2021/08/06 78
この記事を
クリップ

刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』の特別映像「刀剣乱舞 剣奉納プロジェクト『はじまりのうた はじまりの剣』~刀剣文化と願いを未来へ~」が、2021年8月11日(水)に「刀剣乱舞」公式YouTubeチャンネル、及びDMM.com特設ページにて公開される。動画公開に先駆けて、本日より予告動画が公開となった。



本プロジェクトは、ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』の新主題歌として松任谷由実が書き下ろした「あなたと 私と」から着想を得て始動。刀鍛冶、宮入法廣氏が、「天」「地」「人・天長地久」と銘を切った三振りの剣を作刀、最初の二振りを「陰陽の剣」として広く展示を行い、最後の一振りは未来を切り開く「奉献の剣」として世界中の皆様の平和と健康を願い、石上神宮へ奉納したプロジェクトだ。


奉納には、ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』の新主題歌「あなたと 私と」を歌う松任谷由実、舞台『刀剣乱舞』で三日月宗近を演じる鈴木拡樹、ミュージカル『刀剣乱舞』で三日月宗近を演じる黒羽麻璃央の3人が参加した。当日は厳粛な空気が漂う中行われ、参加した3名はそれぞれ願いを込めて神前に手を合わせ、玉串を納めた。



松任谷は、刀剣乱舞の世界観を表す美しい吹き寄せ柄の着物に身を包んで参加し、「今までに感じたことのないような安らかさや清らかさを感じ、この先へ、生きていく勇気を感じました。」とコメント。久しぶりに「刀剣乱舞」の世界に触れたという黒羽は、「懐かしい感じはせず、いつも守ってくれている刀剣の力を改めて感じました。」と思いを巡らせ、鈴木は、「早くマスクを外して、皆さんの満面の笑みが見られる世の中になってほしいです。」と、会を締めくくった。


この奉納の様子を、ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』三日月宗近役の鳥海浩輔をナビゲーターに迎え、約30分の動画にまとめ8月11日(水)19:00に公開する。動画公開に先駆けて、本日より予告動画を公開する。


<参加者コメント>

Q:今日はどのような願いを込めて奉納されたのでしょうか?

(黒羽)今は厳しい世の中ではありますが、作っていただいた剣に微力ながら我々も願いを込めて奉納させていただきました。何かに守ってもらっているような、そんな気持ちになりました。

(松任谷)今までに感じたことのないような安らかさや清らかさを感じ、この先へ、生きていく勇気を感じました。


Q:剣を実際に目にしてみていかがですか?

(黒羽)実際に見ただけではわからないような、手に取ってみてはじめて感じる、物質的な重さだけでなく、作られた時の想いや奉納に込めた願いがのせられた、重さ・目には見えない力をすごく感じました。

(松任谷)刀鍛冶の宮入先生とお会いできたことがとても貴重な体験でした。実際にお会いしないとわからないオーラや透明感が、このような美しい剣を作るんだということがわかりました。そして私たちはその剣に守ってもらえて、多くの人に何かを届ける立場として、コロナに負けずに突き進める気がしています。


Q:松任谷さん、今日の衣装のポイントはありますか?

(松任谷)お話をいただいて、あれがぴったりかもしれないとすぐに思い浮かびました。剣には宇宙を感じるのですが、宇宙のように見える吹き寄せという柄や、闇夜を切り裂くパワーの象徴と言われている龍が描かれた珊瑚の帯留めを選び、「刀剣乱舞」の世界観にぴったりと合う衣装になりました。


Q:主題歌の「あなたと 私と」についてお伺いします。歌詞の中に「はじまりのうた」というフレーズがありますが、このコロナ禍で、奉納を通して「はじまり」の瞬間に立ち会い感じることはありますか?

(松任谷)大サビにある、宇宙の時間がゆっくりと高速で流れていく様、そしてふと止まった時の夜明けになっている様子は、コロナ禍の前に制作した歌ですが、まるで今の混沌が収束したときを表しているようで、自分でも不思議です。私は、いつがはじまりかというのは、自分が決めることだと思っています。私たちは今日がはじまりだと確信しました。今は闇の中にいるけれど、今日より遅いことはない、という気持ちで一歩踏み出したら世界が変わるんじゃないかと思います。9月からの全国ツアーでも、「刀剣乱舞」の世界に触れたことで私の中に生まれた日本の心・強さを、全63ステージで手渡していけるという自信が生まれました。リモートでは伝えられない何かをもって、各地に伺いたいと思っています。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 14件)