金子大地、黒木華と密閉された車内で…ふたりの恋の行方は果たして?

映画・舞台 公開日:2021/07/30 15
この記事を
クリップ

この度、黒木華・柄本佑がダブル主演を務める映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』より、主人公・佐和子の通う自動車教習所の先生役を演じた金子大地の場面写真が解禁された。


本作は、『嘘を愛する女』や『哀愁しんでれら』などクオリティの高い作品を輩出してきた、オリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018」の準グランプリ作品を映画化。本作で漫画家の佐和子役を演じるのは、第44回日本アカデミー賞にて3度目の最優秀助演女優賞を受賞し、唯一無二の輝きを放つ女優・黒木華。佐和子の夫で、同じく漫画家の俊夫役には、『心の傷を癒すということ』『痛くない死に方』と主演映画の公開が続き、TBSドラマ『天国と地獄』で話題をさらった演技派俳優・柄本佑。


佐和子が通う自動車教習所の先生役には、主演映画『猿楽町で会いましょう』『サマーフィルムにのって』など出演作が続き、更に来年はNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』も控えている金子大地、佐和子の担当編集者・千佳役に、ドラマ『あなたの番です』『みをつくし料理帖』と多彩な演技が注目を浴びている奈緒、さらに佐和子の母親役に風吹ジュン。映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍する実力派俳優陣が集結した。脚本・監督は、BSテレ東のドラマ『高嶺のハナさん』の監督を務め、ドラマ・映画と活躍の場を広げている新進気鋭の映画作家・堀江貴大。また、劇中漫画を漫画家・アラタアキと『サターンリターン』(小学館刊)が好評連載中の鳥飼茜が担当。映画ファンだけでなく、漫画好きも見逃せない一作に仕上がっている。

今回解禁となったのは、金子大地演じる自動車教習所の先生・新谷歩が車の中で佐和子(黒木華)を見つめる写真2点と、車の前に私服で佇む姿を収めた写真の計3点。

劇中、佐和子と俊夫の夫婦は、佐和子の母(風吹ジュン)のケガをきっかけに、しばらく佐和子の実家で暮らすことになる。免許を持っておらず、どこへ行くにもいつも俊夫に送り迎えしてもらっていた佐和子だったが、これを機に教習所に通うことを決意。そこで出会うのが、若くして先生を務める新谷だ。はじめは緊張と恐怖心で体がこわばりうまく運転出来ずにいたが、新谷のやさしく熱心な教えにより徐々に上達していく佐和子。それと同時に、たわいのない会話からふたりは少しずつ親密になっていく。教習所に笑顔で通い始める佐和子に不信感を持った俊夫はある日、こっそり覗いた佐和子の漫画の中に教習所の若い先生と淡い恋に落ちていく佐和子そっくりの人物が描かれていることを知り、愕然とする…。

車の中で佐和子を見つめる写真はいずれも似たカットではあるが、はじめの1点は制服を着て教習所の先生として佐和子を見つめている。それはどこか大きく心を奪われてしまったようなそんな表情にも見える。もう1点は、私服で佐和子と同乗している。その表情は憂い気で何かを訴えかけているようでもあり、二人の関係性の変化が伺える。


金子のキャスティングについて堀江監督は「ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』での演技が印象的だった」と明かし、「佐和子の漫画の中のキャラクターとしても描かれる新谷は、より人間味を持たせる上で視線や瞳の動かし方が重要だと思っていた」とした上で「(金子さんは)瞳の揺れ方が特徴的」と高く評価している。金子は新谷を演じるにあたり、「台本を読んだ時に、自分に出来るのかなというぐらい、僕とは真逆のとても爽やかな役柄だったのですごく悩みました。堀江監督がひとつひとつ丁寧に演出してくださったので、演じ切ることができました」と堀江監督と二人三脚で役柄を作り上げていったという。

また、車内という密閉された空間と真夏の撮影現場だったということで、「とにかく暑くて大変だった」と撮影時を振り返り、「運転しながらのお芝居が初めてだったのですごく不安だったのですが、黒木さんの人柄やお芝居をしやすい環境を作っていただいたこともあり、安心して演じることが出来ました。黒木さんもマンガやアニメがお好きなので、撮影の合間にはお互いのおすすめの作品の話などで盛り上がりました」と黒木の共演の思い出を教えてくれた。

もう1点の、明らかに教習車ではない車の前に私服姿で佇むカットとあわせて、そのミステリアスで繊細な表情は一体何を意味するのか、ふたりの恋の行方に期待が高まる写真となっている。主演映画『猿楽町で会いましょう』『サマーフィルムにのって』『私はいったい、何と闘っているのか』など今年だけでも出演作が目白押しの金子は、現在放送中のドラマ『#家族募集します』ではシングルマザーとして子育てと仕事に奮闘する木村文乃演じる桃田礼の職場の後輩として、小学校の“先生”役で登場する。更に来年はNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』も控えているなど今後も目が離せない注目の若手俳優のひとり。

今回、本作で黒木華、柄本佑演じる漫画家夫婦をウソとホンネが交錯するスリリングな心理戦へと導くキーパーソンとも呼べる新谷役を演じてみて、金子は「実はこういう人だったんだと、ある意味、観客の方を驚かせるような部分を託されていたので、とにかく爽やかな好青年で、まるで王子様でこの世界に実際にいるのかどうか分からないような人物という点を強く意識して演じるように心掛けました」とその心境を明かしている。


■映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』

9月10日(金)より新宿ピカデリー他全国公開
出演:黒木華 柄本佑 / 金子大地 奈緒 / 風吹ジュン
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ

(C)2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)