窪田正孝 赤楚衛二ら、笑っている…場合じゃない!?選挙戦で右往左往

映画・舞台 公開日:2021/07/28 12
この記事を
クリップ

2022年1月7日(金)より全国公開が決定した『決戦は日曜日』。先日解禁となった特報に続き、選挙が近くなると街中で目にする選挙ポスターを模したティザーポスターが完成した。


左下で困惑の表情で頭をかくのは主人公・谷村勉を演じる窪田正孝だ。右上には、民自党公認・新人 川島ゆみ(宮沢りえ)がにこやかに「日本を変えるのは、あなたです。」とメッセージを掲げた選挙ポスターが貼られる。


候補者が身に着ける襷のようにタイトルが目に飛び込む。「ユーモアと皮肉に満ちた新時代ポリティカルコメディ!」と共に「笑っている…場合じゃないかもしれない」とのコピーも踊る。選挙を題材に、笑えるけど…他人事ではない展開に期待が高まる。ゆみに右往左往振り回される谷村に、そして選挙戦の行方に注目だ。

さらに、谷村(窪田)や、市民の前で熱弁する川島(宮沢)をはじめ、谷村と共に川島をサポートする秘書軍団メンバー岩渕勇気(赤楚)、田中菜々(内田)、濱口祐介(小市)、向井大地(音尾)の画像が到着。また、一癖も二癖もある後援会重鎮三人衆、頭に血が上り切った県議会議員といった川島に手を焼き頭を抱える面々も解禁された。


<ストーリー>

とある地方都市。谷村勉(30)は、この地に強い地盤を持ち当選を続ける衆議院議員・川島昌平(75)の事務所で私設秘書として働いている。秘書として中堅になり、川島の完璧な“サポートをするだけ”のこの仕事に満足していた。ところがある日、川島が病に倒れてしまう。そんなタイミングで衆議院が解散。次の選挙に川島の地盤を引き継ぎ、選挙に出る人間として白羽の矢が立ったのは、川島の娘・有美(45)。自由奔放、世間知らず。だけど謎の熱意だけはある有美に振り回される秘書たち。でもまあ、父・川島の地盤は盤石。よほどのことがない限り当選は確実…だったのだが――





■映画『決戦は日曜日』

2022年1月7日(金)全国公開
出演:窪田正孝 宮沢りえ 赤楚衛二 内田慈 小市慢太郎 音尾琢真
配給:クロックワークス

(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)