上白石萌歌、見どころは「ブリーフパンツ?」に豊川悦司ツッコミ「水着ね。ブーメラン」

映画・舞台 公開日:2021/07/27 26
この記事を
クリップ

忘れられない夏の思い出を聞かれた場面では、千葉が「大学生の頃に青春18きっぷで東京から広島まで行ったことがあって、それはすごく青春だなと思います。漫画喫茶で夜を明かしたりして楽しかったです」と学生時代を回顧。豊川は「役者になろうと決めて大学をやめて東京に出てきて、夏に『明日からお金が全然ない』という状況になって、なんとか過ごした記憶があります。何時間もずっと知り合いのアパートの前で座って待ったり、公園に行って水道の水を飲んだり。お金がなくても大丈夫なんだなという妙な自信がついてきて、ずっと一文無しで過ごした覚えがあります」と打ち明けた。


一方、上白石は「小学生の頃に2年間だけ水泳を習っていまして、夏休みで水泳の夏期講習に毎日行った生活が、私が思う夏ど真ん中の日々ですね」とコメント。「家に帰ってかき氷を食べたり、水泳スクールの前に朝のラジオ体操があったりして。強制的にですけど、規則正しい生活を送っていたあの時間が今恋しいなと思います」と懐かしんだ。


水泳はもともとは苦手だったという上白石。「祖母がその当時80歳くらいだったんですけどバシバシ、バタフライを泳ぐような祖母だったので、その姿にすごく勇気をもらって『苦手だけど取り組んでみようかな』と思って私も水泳を始めました」とも明かしていた。


すると千葉が「萌歌ちゃんはあとバタフライの役を制すれば、個人メドレーができるんですよね」と発言。上白石は「そうなんです!お待ちしてます!個人メドレー完成するのでぜひ!」と笑っていた。


映画『子供はわかってあげない』は、8月20日(金)全国公開、8月13日(金)テアトル新宿先行公開。

©2020「子供はわかってあげない」製作委員会 ©田島列島/講談社

配給:日活

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 33件)