Snow Man、“声優”佐久間大介を絶賛「メンバーとして誇らしい」

映画・舞台 公開日:2021/07/23 34
この記事を
クリップ

7月30日(金)公開のアニメ映画『白蛇:縁起』日本語吹替版。いよいよ公開まで1週間と迫るなか、映画を鑑賞したSnow Manメンバーから感想コメントが到着した。



“千年を超える恋”を描いた中国で歴史的大ヒットを記録したアニメ映画『白蛇:縁起』。


日本語吹替版では、白蛇の妖怪「白」(見た目は人間の美少女)を三森すずこが演じ、「白」と恋に落ちる捕蛇村の少年「宣」を佐久間大介(Snow Man)が演じている。主題歌はSnow Manの『縁 -YUÁN-』に決定している。


<Snow Manメンバーの感想コメント>

■岩本照

まず、映像の美しさ、色使いに感動しました。こんなにキレイで迫力があったら映画館で見たら凄いだろうなと。佐久間の声は個人的にすごい好きで、しっかり声優さんとして携わっていて、メンバーとして誇らしいです。これからも沢山の作品に出演してほしいなと思いました。映画を見て主題歌が流れた時は、曲として僕たちも参加できたことが嬉しかったです。映像美。佐久間の初主演作品。引き込まれるSTORY。僕たちの「縁 -YUÁN-」を是非劇場で体感して頂きたいです。


■深澤辰哉

作品を見させて頂き、1番最初に思ったのは映像の綺麗さと鮮やかさが凄すぎるということです。キャラクターの表情や風景、建物。その全てが繊細でビックリしました。佐久間が主人公の宣の声を演じていて、溶け込んでいることに凄く驚きました。すごく嬉しかったです。ずっとアニメが好きで、声優をやってみたいと言っていた佐久間がアニメ映画の吹き替えをやっていて嬉しかったです。佐久間がたくさん考えて、色々試行錯誤して挑戦したこの作品を沢山の人達に見てもらいたいです。目でも楽しめるし、耳でも楽しめる。観て良かったと絶対に思うはずです。そして、この作品で流れる「縁 -YUÁN-」。作品の世界観、そしてSnow Manにも凄く合っていて、こんな素晴らしい曲をSnow Manに歌わせて頂いてありがとうございます。僕も必ず映画館に行ってもう一回見ます!


■ラウール

とにかく美しい映像の中に映る宣と白の愛の大きさに胸を打たれました。そして、佐久間くんの初主演にも関わらず、それを一切感じさせない声優としてのレベルの高さを感じ、佐久間くんの声だと忘れるほどでした。Snow Manとしての主題歌「縁 -YUÁN-」を聴けたのは嬉しくて、感動しました。とにかく奥が深い作品で、結末が分かり、終わった時にもう一度見たいと心から思わせてくれる作品でした!


■渡辺翔太

まず、佐久間が吹き替えをしたということを忘れるくらい馴染んでいてビックリしました。見終わった後に、“あっ、これ佐久間の声か”となるくらい違和感なく見れて、これからもどんどんチャレンジしていって欲しいなと思いました。作品としてはまずアニメと思えないくらい映像が美しかったです。2人の愛の強さにもとても感動しました。映画を見た後に自分たちの「縁 -YUÁN-」を聞くと、さらにいい曲だなと思えましたし、作品とリンクして歌詞がとてもしみました。この曲は、佐久間がこの作品と出会わなければなかったことなので、感謝したいです。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)