黒木華&中島裕翔『ウェンディ&ピーターパン』“非日常的な日常”を描いたビジュアル完成

映画・舞台 公開日:2021/07/15 6
この記事を
クリップ

2021年8月13日(金)から9月5日(日)に東京・Bunkamuraオーチャードホールにて日本初演となる、DISCOVER WORLD THEATRE vol.11『ウェンディ&ピーターパン』の公演ビジュアルが完成した。


イギリス・スコットランドの作家、ジェームス・マシュー・バリーが20世紀初頭に書いた世界的傑作戯曲『ピーターパン』。この『ピーターパン』を、ロンドンで注目の若手作家であり演出家でもあるエラ・ヒクソンが、新たにウェンディの視点から翻案し、2013年に英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの新作公演『WENDY&PETER PAN』として上演された。台詞に加えてダンスやフライング、小道具、美術、映像などを駆使した“フィジカルシアター”のスタイルと、スペクタクルとマジカル満載の美しい舞台が話題となり、2015年にはウエストエンドでの再演も果たした。


待望の日本初演となる今回、演出を手掛けるのは『るつぼ』『民衆の敵』で社会的テーマを力強く描き、日本の観客を魅了したジョナサン・マンビィ。ロンドンでの初演・再演でも演出を務めた同氏が、世界的に有名な『ピーターパン』のファンタジックな世界観から現代社会に通ずるテーマを浮き彫りにする。

タイトルロールであるウェンディとピーターパンを演じるのは、今回が初共演となる黒木華とHey! Say! JUMPの中島裕翔。さらに、ウェンディの弟・ジョンに平埜生成、マイケルに前原滉、ティンクに富田望生、タイガー・リリーに山崎紘菜、海賊・スミーに玉置孝匡、ミセス・ダーリングに石田ひかり、そしてフック船長とミスター・ダーリングの二役には堤真一と、若手からベテランまで多彩な魅力を持つ豪華なキャストが結集した。

【関連】黒木華&中島裕翔 W主演で『ウェンディ&ピーターパン』日本初演


この度公開された公演ビジュアルでは、ネバーランドを彷彿とさせる森の中の不思議な空間に、ウェンディ、ピーターなどの登場人物たちが浮遊する、非日常的な日常を描いたマジックリアリズムの世界を表現している。誰しもが一度は夢見た『ピーターパン』の世界は、時代を越え、世代を越え私たちを惹きつける。エラ・ヒクソンが大胆な新解釈で描く本作は、生と死、喪失感と絶望、幸せと喜びなどの普遍的テーマが散りばめられた「大人のためのマジカル・ファンタジー」として、新たな冒険の旅をお贈りする。

ウェンディは作品を通して、どのような経験をし、どのように成長していくのか。日本初演となる『ウェンディ&ピーターパン』に期待が高まる。

<ストーリー>

1908年のロンドン。ダーリング家の子供部屋。ウェンディ(黒木華)、ジョン(平埜生成)、マイケル(前原滉)、そして体の弱いトム(下川恭平)は戦争ごっこをしながら部屋中を飛び回っている。そこへ両親であるミスター&ミセス・ダーリング(堤真一、石田ひかり)が入ってくる。家族が揃った姿は幸せそのもの。その晩熱を出したトムを医者に診てもらうも、診立てはあまりよくない。やがて皆が寝静まった遅い時間に子供部屋の窓からピーターパン(中島裕翔)がやってきてトムを連れ去っていく…。それから1年後のある日の夜、子供部屋の窓が開き、再びピーターパンが現れる。驚くウェンディはジョンとマイケルを叩き起こし、トムを探すためにネバーランドへとピーターパンたちと共に旅立つのだった。


■DISCOVER WORLD THEATRE vol.11『ウェンディ&ピーターパン』

公演期間:8月13日(金)~9月5日(日)
会場:Bunkamuraオーチャードホール(全28回公演)
作:エラ・ヒクソン(J.M.バリー原作より翻案)
翻訳:目黒条
演出:ジョナサン・マンビィ
美術・衣裳:コリン・リッチモンド
出演:黒木華 中島裕翔(Hey! Say! JUMP) 平埜生成 前原滉 富田望生 山崎紘菜 新名基浩 田中穂先 中西南央 下川恭平 本折最強さとし 井上尚 坂本慶介 保土田寛 宮河愛一郎 原田みのる 乾直樹 近藤彩香 浜田純平 渡辺はるか 玉置孝匡 石田ひかり 堤真一

※本記事は掲載時点の情報です。