松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』特報解禁、ラストにオヤジギャグ

映画・舞台 公開日:2021/07/05 10
この記事を
クリップ

TBSテレビで2016年、2018年に放送され大人気を博した松本潤主演の日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」が待望の映画化。『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』が、この冬全国公開となる。この度、本作の特報映像と第1弾ポスターが解禁された。



本作は、個性豊かな弁護士たちが、ぶつかり合いながらも99.9%逆転不可能な刑事事件に挑んでいく、新感覚の痛快リーガル・エンタテインメント。タイトルの数字が意味するのは、日本の刑事事件における有罪率。その確率は「99.9%」とも言われ、 世界一の有罪率を誇り日本の司法制度の高い信頼性の証明とも言える一方、一旦起訴されると検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがち、という大きな落とし穴が。しかし、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、残り0.1%が確定しない限り、それは本当の意味で“事実”に辿り着いたことにはならないー。本作は、その最後の「0.1%」まで諦めず事実を追い求めていく弁護士たちの姿を描いた物語だ。


本編映像初公開となる特報では、松本潤演じる深山、香川照之演じる佐田、そして新ヒロインとして加わった杉咲花演じる穂乃果の3人が事件に挑んでいく姿が生き生きと映し出されている。深山がリモートの画面で佐田にいたずらを仕掛けるなど「99.9」らしいコミカルな掛け合いが楽しめるほか、断崖絶壁に立つ穂乃果や、事件の一部らしき不穏なカットも畳み掛けるように描かれ、果たしてどんな事件が彼らの前に立ちはだかるのか、映画ならではの壮大な展開を予感させる映像になってい。さらに映像のラストには「99.9」お馴染みのオヤジギャグで「観てクレヨン」と深山からのメッセージも!


ポスターは、これまでのドラマシリーズでは「99.9」のタイトルロゴの中にいた深山たちが、ロゴから外に飛び出したビジュアルになっており、事実を追い求めようとまっすぐ前を見据えた3人の表情が印象的。そして「深山、ついに敗れるー!?」と気になるコピーも添えられており、 これまで0.1%の可能性を掴みとり事実にたどり着いてきた深山が、今回ついに敗れてしまうのか?どんなピンチが彼らを襲うのか!?ストーリー展開にますます期待が高まるビジュアルとなっている。 


また、深山が働く斑目法律事務所のメンバーに、ドラマのレギュラーキャスト陣の続投が決定。


深山を支えるパラリーガルとして、 深山の相棒であり、どんな深山の無理難題にも挑んでいく明石達也を片桐仁、双子の娘を溺愛し、曲者だらけの刑事事件専門ルーム内では割と常識人の藤野宏樹をマギー、仕事は優秀で、プロレスをこよなく愛する中塚美麗を馬場園梓。また、驚くべき数の資格を所持し、何にでも即時に対応できる弁護士・落合陽平を馬場徹が演じる。


型破りな弁護士たちが、この冬さらにパワーアップしてスクリーンに帰ってくる。果たして今回深山たちが挑む難事件とは?【0.1%の事実】にたどり着くことができるのか!?期待が高まる。




■『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』
公開:今冬全国公開
出演:松本潤、香川照之 杉咲花 ほか
配給:松竹
©2021『99.9-THE MOVIE』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)