西島秀俊、主演作でカンヌへ行けず、監督も「事務所を恨みます(笑)」

映画・舞台 公開日:2021/07/05 6
この記事を
クリップ

小説家・村上春樹の短編を映画化した濱口竜介監督最新作『ドライブ・マイ・カー』。7月6日より開催される第74回カンヌ国際映画祭にて、日本映画としては唯一コンペティション部門への正式出品を果たした同作の“壮行会”イベントが4日、都内にて開催され、主演の西島秀俊、共演の三浦透子、霧島れいか、濱口監督が登壇した。


愛する妻を失った舞台俳優の主人公・家福を演じる西島は、作品について「もちろんフィクションの作品で、架空の人物たちが架空の物語を生きているんですけれども、なにかそこにやっぱり真実が映っているというのを感じる瞬間がものすごくある映画。それはスクリーンから観ている側に突き刺さってくる」とコメント。「やっぱりそれは日本の今の人たちの心の中を描いていて、世界の人たちが観たいと思っているものだと思う。それと同時にたぶん世界の人たちも同じように感じている普遍的なものにつながっているのかな」と語った。

濱口監督の現場については、「他の監督とは違う演出方法がたくさんあって、本読みをひたすらやり続けることであったり、その役のシーンにはないけど“かつてあったであろうシーン”をリハーサルでやったり、このキャラクターだったらどう答えるか、ということを事前に考えたりとか、色々な作業を用意してくださった」と独自の演出が多数なされたという。西島は「ほかにも本当にたくさんあって、それは刺激的な体験で、別の現場でも個人的にやりたい作業をたくさん教えていただきました。色んな国の俳優さんたちが集まって、みんながそのことを楽しんでやっていたのが非常に感動的で、僕は本当に本読みが好きになっちゃった」と振り返った。


原作者の村上については「個人的なお話になってしまいますが、高校生の頃から村上さんの作品を読んでいてファンで、どこかで自分がもしこの方の小説の役を演じることがあれば、というのは考えていたと思います」と告白。「今回のお話をいただいた時に、これはどうしてもやりたい、ぜひやらせてもらいたいという思いがありました。毎日全身全霊込めてやらせていただいた」と強い思いがあったことを明かした。


カンヌ国際映画祭の現場には、西島を除く三浦、霧島、濱口監督が出席する。スケジュールが合わなかったという西島は「僕はすみません。国内で仕事をしたいと思います。できれば行きたかったですけど、本当に」と残念な思いを吐露。濱口監督は「この点に関してだけは僕は西島さんの事務所を恨みます(笑)」と冗談めかしつつ、「こればっかりは残念というのは正直な気持ち。本当に西島さんあっての映画で、西島さんが出ずっぱりで、ごくわずかな一部をのぞいて、出ていないシーンがない。本当に寂しい。ぜひ一緒に、本当に行きたかった。きちんと、日本に素晴らしい俳優がいるんだということを向こうで示してきたい」と本音を打ち明けていた。


映画『ドライブ・マイ・カー』は、8月20日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

©2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 27件)