『るろうに剣心』佐藤健×有村架純、穏やかにほほ笑む貴重なオフショット

映画・舞台 公開日:2021/07/02 25
この記事を
クリップ

絶賛公開中の『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は、日本映画を代表するアクションエンターテインメント『るろうに剣心』シリーズの完結作でもありそのアクションシーンはさることながら、これまでのシリーズとは時代背景も異なっており、剣心と巴、二人のドラマが丁寧に描かれているということでも、大きな注目を集めている。

作品を鑑賞したファンからは剣心と巴について、「あの僅かな日々が剣心にとってどれだけ大切な日々だったかと思うと切ない」、「深くて哀しくも優しい愛が…雪代巴と剣心から…しくしくと伝わるシーンのひとつ一つ、スクリーンに見入った」「剣心と巴さん2人にそれぞれの愛の形と表現があって、そこが一番素敵だと思ったから切ないけど、巴さんの選んだ愛の形がほんとに素敵」など、二人の切ないラブストーリーに感動する声が数多く上がっている。


【関連】佐藤健に惹きつけられる理由『るろうに剣心』で証明した圧倒的“求心力”

今回新たに到着した場面写真は、佐藤健演じる人斬り抜刀斎・緋村剣心と、有村架純演じるその妻・雪代巴の日々を切りとったもの。暗殺の現場を巴に目撃され、口封じのため二人で暮らすこととなった剣心。偶然かと思われた二人の出会いだが、実は巴は許嫁である清里明良(窪田正孝)を剣心に殺され、その復讐を果たすため剣心へ近づいていたのだった…。 


しかし、共に時間を過ごしていくうちに、新時代のために人を斬り続けながら苦悩する剣心の内側に秘めた純粋さを知り、徐々に惹かれていく巴。誰よりも人々の幸せと新時代の平和を願う剣心も、次第に巴に心を開き、やがて二人は夫婦として結ばれる。幕府から逃れるべく都から離れ、穏やかで幸せな時間を過ごし始める二人。その時間は人の心を失っていた剣心が“幸せ”と感じる日々となり、“人斬り抜刀斎”の面影は徐々に消え失せていく。時折見せる穏やかな剣心の姿に、「あなたは最近よく笑うようになりましたね」と優しく語りかける巴。孤独だった二人の魂が出会い、“復讐”がやがて“愛”へと変わり、お互いを強く想い合うようになる。剣心は巴に「君が一度失った幸せを、今度こそ俺が守り抜いてみせる」と誓い、二人は愛を深めていく。しかし、強く結ばれたはずの2人は幕末という激動の時代の波へと飲み込まれていく――。


新たな場面写真では、剣心が暗殺の現場で血の雨を降らし、巴と初めて対峙する原作でも印象的なシーンから、人の心を失いながら平和を信じ斬り続ける剣心の身を、隣で案じている様子の巴、そして素朴ながらも幸せで穏やかな生活を送る剣心と巴の姿が映し出されており、二人の距離が徐々に縮まっていく様子が見て取れる。人斬りの心を変え、剣心の心に刻まれた最愛の女性・巴と歩んだ、誰も知らない二人の愛の物語とは?そして剣心は何故、その愛する巴を自らの手で斬殺してしまったのか?大ヒット公開中の『るろうに剣心 最終章 The Beginning』では、時代に翻弄され続けながらも尚お互いを愛しぬいた力強い二人の愛、そして切なくも美しい最期が描かれる――。


さらに今回、佐藤健と有村架純の撮影中の貴重なオフショットも解禁。『The Beginning』本編では、剣心も巴も笑顔をほとんど見せず、感情を殺して生きている様子が描かれていたが、オフショットでは打って変わって顔に笑みを浮かべている。殺伐とした動乱の幕末が描かれる本作だが、その撮影が剣心と巴を演じる二人にとって、かけがえのない時間であったことが伝わってくる一枚となっている。


剣心の原点が明かされる『るろうに剣心』シリーズ全ての始まりであり、剣心と巴の究極の愛を描く、誰も観たことのない切なすぎるラブストーリー、『るろうに剣心 最終章 The Beginning』。そして緋村剣心最後の戦い、エンターテイメントの頂点として君臨するアクション感動大作のクライマックスを描く、大ヒット公開中の『るろうに剣心 最終章 The Final』と合わせて楽しんでみては。


合わせて読みたい


■『るろうに剣心 最終章 The Final / The Beginning』
大ヒット上映中
配給:ワーナー・ブラザース映画

© 和月伸宏/ 集英社 

©2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final」製作委員会

©2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)