広瀬すずの印象は「吉永小百合を食いにかかってる」!?名優二人が大絶賛

映画・舞台 公開日:2021/06/30 17
この記事を
クリップ

5月21日より劇場公開を迎えた、感動のヒューマン医療ドラマ『いのちの停車場』。吉永小百合をはじめ、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行ら日本を代表する実力、人気を兼ね備えた豪華キャストたちが集結。「在宅医療」に携わる医者・患者そしてのその家族たちを通して、“いのち”“愛”そして“いまを生きていく”家族たちの願いを丁寧に描き出す。


公開初週末の新作映画・興行収入・動員数で堂々の初登場1位を獲得し、大ヒット上映中の本作。この度、観客に感謝を伝える【チーム“まほろば”サンクスデーイベント】を、6月30日に新宿バルト9で実施。主演の吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、原作者の南杏子、そして本作のメガホンを取った成島出監督が登壇した。


イベント冒頭に、観客へのサプライズとして西田敏行からの映画応援歌『いのちの停車場』の歌唱プレゼントが。その朗々と力強い歌声で会場を魅了した。会場内に割れんばかりの拍手が響く中、吉永はじめキャスト・スタッフも顔を綻ばせながら登場。西田は歌唱の感想を聞かれると「今日人前で歌うのが初めてで、実はレコーディング以来なんです。とても緊張して、呼吸困難になりかけました笑 皆さんのマスク越しに、目が輝いていてとても嬉しく思いました。みなさまいのち輝かせて、本日ご来場いただきありがとうございました」とコメント。吉永は「どうしても皆さんの前で歌っていただきたくて、本日の会を開催していただいたんです。ありがとうございます!録音は聞かせていただいていたのですが、生で聞くことができてよかったです」と大絶賛し、イベントがスタートした。


最初の挨拶で、吉永は「緊急事態宣言で、映画館が閉ざされてしまって、一体いつみなさまに見ていただけるかと不安な日々を過ごしました。6月1日からは東京でも見ていただくことできました。皆さんも映画館に行くのがちょっと不安だなと思っていた方もいたはず。そんな中、先日私と同世代の方からお手紙をいただきました。ワクチンを2回摂取して、2週間置いたら、すぐに映画館に駆けつけました。と。本当にうれしかったです。もしかしたら本日初めてご覧になる方もいらっしゃると思いますが、ゆっくりと映画を楽しんでください」と、改めて本作を届けられたことへの感謝の気持ちを伝えた。

松坂は「今までは、マスコミの方のみや1席空け、人数制限をしてのイベントでした。緊急事態宣言が空け、今日は満席の状態で皆さんにお会いできることを本当に嬉しく思います。何よりこの作品をたくさんの方に見ていただけている方こそ、こうして皆さんにお会いできています。本当に嬉しい限りです」と感動を伝えた。広瀬も「このぎゅうぎゅうな客席を見るのが久しぶりです。とても幸せな景色ですね。今まで見ていただいたみなさまにも感謝しております。宣言が開けて、さらに多くの人に届いて行って欲しいです」と思いを語った。

西田も「東京はまた感染者も増えていっていて、先が見えない状態ではあります。けどめげずに一人一人がワクチン摂取していただいたり、感染予防をしたりして皆さん前向きに1歩ずつ前に進んでいっているこの時期に『いのちの停車場』を公開すること意味を感じています。そして主演の吉永小百合さんが映画文化にかける情熱、映画俳優としての矜持を持って堂々と皆さんの前で公開できることの喜びを改めて感じます。日本映画を支えている吉永さんに敬意と感謝を申し上げます」と、今まで本作と走り続けた吉永へ感謝の気持ちを伝えた。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)