妻夫木聡、秋原場で『聖闘士星矢』コスプレ体験「プライベートでは絶対にすることはない」

映画・舞台 公開日:2021/06/24 6
この記事を
クリップ

俳優の妻夫木聡が24日、日本でロケが行われた中国映画『唐人街探偵 東京MISSION』(7月9日公開)のPRイベントに鈴木保奈美、浅野忠信、三浦友和と参加した。


妻夫木は今作の撮影を通して、サブカルの聖地であることをガッツリ体験したという。それはコスプレ。秋葉原でのロケでは「プライベートでは絶対にすることはない、『聖闘士星矢』の完璧なコスプレをさせてもらいました」と明かし「しかも秋葉原もあまり行ったことがなくて。どんな街かわからなかったけれど、想像以上に訪れる人々を楽しませる街だと思った。役を通じて秋葉原を楽しませてもらいました。あそこまで堂々とコスプレ姿で歩けたのはこの映画だからこそ」と見どころに挙げていた。

完成した作品に妻夫木は「テンポ感も素晴らしく、こんなに日本で遊んでくれたのかと思うくらいに暴れまくっています!」と一級の娯楽作だとプッシュして「僕は中国語を勉強していることもあり、監督と相談して日本語セリフを中国語セリフにいくつか代えたりしました」とこだわりの熱演を報告した。


元俳優というチェン・スーチェン監督の演出について浅野が「パワフルだし、演出を含めてとてもわかりやすい。その熱量に僕も火が付きました」と明かすと、妻夫木も「監督の演出が言葉での説明ではなくて実演なんです。俺がやるよりも全然上手いじゃん…みたいな。誰よりもわかっている監督本人が目の前でやってくれるので、そこを目指さなければというプレッシャーもありました」と苦笑いだった。


また探偵という役柄にかけて「探偵に解決してほしいこと」を聞かれた妻夫木は「笑い話にしてはいけないけれど、コロナを解決してほしい!それが今一番思うこと」と世界中が解決を願っていることを代弁していた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 21件)