DISH//矢部昌暉、主演舞台『天てれ』は「楽しいパワー」凝縮

映画・舞台 公開日:2021/06/20 9
この記事を
クリップ

人気バンド・DISH//の矢部昌暉が主演を務める舞台『天才てれびくんtheSTAGE〜バック・トゥ・ザ・ジャングル〜』の開幕直後取材会が19日、都内で行われ、矢部のほか、長江崚行、伊藤理々杏(乃木坂46)、健人、加藤将、伊藤裕一、伊倉愛美、千葉一磨、チャンカワイ(Wエンジン)が出席した。


NHKの子ども向け番組を舞台化した第2弾。大昔のジャングルを舞台に繰り広げられる“娯楽奪還作戦”を描く。主演の矢部はかつて「てれび戦士」として同番組に出演していた経験を持つ。


初日幕開けを前に、矢部は「演出の小林顕作さんを中心にみんなで楽しくわいわいと作ってきた。楽しいパワーがすっごい詰まった作品。その中でもしっかりとメッセージがこもっているのでそこはしっかり伝えたい。あと自分たちで楽しんで舞台をやっていきたい」と意気込み。「本来であれば本日からスタートする予定だったが、(緊急事態宣言の影響で)21日からになった。この舞台には乃木坂の伊藤理々杏さんも出ておりますし、たくさん記事を書いていただきたい!」と報道陣に向けて宣伝をお願い。突然自分の名前を出された伊藤は目を丸くしつつ、「DISH//さんも出ておりますので、みんなさんよろしくお願いします〜!」と切り返し、笑いを誘った。


伊藤は、娯楽を禁止されている村から逃げてきた少女・ミーサを演じる。舞台の出演について「小さい頃『天才てれびくん』を見ていた身としてはうれしい。喜ばしいこと」といい、「大変な世の中ですが、暗闇を吹き飛ばすような元気とパワーが溢れている。来てもらえるみなさんに楽しんでもらえるように頑張ります」と気合を入れた。


チャンカワイは子ども向け番組の舞台化とあって「優しい感じかな」と思っていたが、「とんでもなく激しい舞台。41歳、初めての舞台で立つ作品じゃない!」と苦笑い。ぼやきつつも「とんでもないエンターテインメント。みんなキラキラ輝いている」とアピールした。


同舞台は6月21日から26日まで東京・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール、7月10日と11日は大阪・COOL JAPANPARK OSAKA WWホールにて上演される。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)