平手友梨奈、車椅子姿に一体何が?壮絶な過去に胸が締め付けられる

映画・舞台 公開日:2021/06/17 18
この記事を
クリップ

岡田准一主演で、2019年6月21日に全国公開された映画『ザ・ファブル』。“今一番面白いマンガ”と称され、累計900万部の人気を誇る原作コミック「ザ・ファブル」(原作:南勝久 講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、世界基準アクション、ハッピーな笑い、そして超豪華キャスト共演が大きな反響を呼び、累計130万人以上を動員する笑撃の大ヒットを記録。そして、度肝を抜くアクション、キャスト、ハッピーな笑い、ストーリーすべてがバージョンアップした、新シリーズ『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が6月18日(金)に全国公開となる。


【関連】『ドラゴン桜』平手友梨奈の神回、アイドル時代彷彿とさせるシーンにSNS騒然




この度、平手友梨奈演じるヒナコの<新場面写真>&<最新映像>が公開された。


本作で因縁の相手として敵対する、ファブル(岡田准一)と宇津帆(堤真一)が関わった4年前のある事件に巻き込まれ車椅子での生活を余儀なくされ、同時期に両親をも殺害されるという壮絶な過去をもつ、心を閉ざした少女・ヒナコ(平手友梨奈)。<復讐>だけを生きがいに公園でリハビリをしていた時、偶然出会った佐藤アキラ(殺し屋休業中のファブルの偽名)に 「歩けるようになる…」と声をかけられる。この<再会>を機に、少しづつヒナコの中に変化があらわれる。

【関連】平手友梨奈の“魂を揺さぶる演技”に監督称賛、車椅子のヒロインを熱演『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』


今回解禁された3点の新場面写真と最新映像では、ごく一般的な家庭で育ち、教室で楽しそうに笑顔を浮かべるかつてのヒナコ。そこから一転、反抗期で家出をし、ぼんやりと夜の街をうろつく様子。そして事件後、大きなトラウマを抱え心を閉ざしたヒナコの姿が映し出される。

笑顔の似合う本来の可愛らしいヒナコの姿をみると、余計に胸が締め付けられるような今のヒナコの姿だが、伝説の殺し屋であるファブルがヒナコを救う<希望>として、因縁の男であり最狂の敵・宇津帆と彼女を巡って激化する大騒動に立ち向かう。クライマックスに向かって揺れ動くヒナコの葛藤と魂の叫びは必見だ。


■映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

6月18日(金)全国公開
出演:岡田准一 木村文乃 平手友梨奈 安藤政信 黒瀬純 好井まさお 橋本マナミ 宮川大輔 山本美月 佐藤二朗 井之脇海 / 安田顕 / 佐藤浩市 堤真一
配給:松竹株式会社

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会


▼映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ヒナコ篇 短尺予告

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)