ジェジュン ドキュメンタリー映画に親友・チャン・グンソクが出演、本編映像も初解禁

映画・舞台 公開日:2021/05/28 24
この記事を
クリップ

2004年のデビュー以来、母国・韓国のみならず日本でも圧倒的な人気を誇り、トップランナーとして走り続けるアーティスト、ジェジュン。まっさらな一人の青年として、その真髄と夢のルーツを辿るドキュメンタリー映画、『ジェジュン:オン・ザ・ロード』(原題:「ON THE ROAD an artist's journey」/配給:ローソンエンタテインメント)から、新たな場面写真と本編映像が初解禁された。




華やかな芸能界に身を置く表の顔だけでなく、ジェジュンの自然体な素の姿や心の内をもとらえた本作。今回初解禁された写真では、陶芸をするオフの姿やランニング風景など、彼の日常をうかがい知ることができるカットを紹介。

【画像】陶芸をするオフの姿


また、新着映像では、ジェジュンがドライビングしている映像が切り取られ、すこし煽り気味のアングルは、まるで自分が助手席に座っているかのような臨場感のあるシーンが初披露された。

更に本作の監督であるイ・ジェハンからもコメントが到着。イ監督は「彼の世の中に対する洞察と理解を知り、“キム・ジェジュン”という人間を発見したかった」と語ると共に「ジェジュンはとても立体的で面白く、ミステリアスなキャラクター。撮影は、とても楽しく面白かった。映像で話をするという観点から考えると、ドキュメンタリーでも長編映画でも大差はないと思っているが、彼はまごうことなき“主人公”だった」と撮影を振り返った。

さらに新たなニュースとして、本編内で子供時代の友達や恩師、スタッフのインタビューも収録されているなかで、親友であるチャン・グンソクがジェジュンについて語るインタビュー映像も収められているという。


チャン・グンソクはジェジュンの後輩にあたるが、プライベートでも親交があるなどまるで兄弟のような関係。今回、このドキュメンタリー映画への出演依頼を受けたチャン・グンソクは「自分が役に立てるのなら」と快諾し、この度の友情出演につながった。互いに芸能界でトップを走る二人だからこそ共感しあえる深層の部分が、チャン・グンソクの口から語られていくシーンは必見だ。特に、ジェジュンとの親しい友情がうかがえるようなアドバイスをしていることにも注目だ。

『ジェジュン:オン・ザ・ロード』は世界に先駆け最速7月2日(金)よりユナイテッド・シネマ豊洲、新宿ピカデリー他にてロードショー。


<チャン・グンソク コメント>

ジェジュンさんの記念すべき初めてのドキュメンタリー映画ということで、親しい友人として、僕が少しでも役に立てたらと思いオファーをお受けしました。



■『ジェジュン:オン・ザ・ロード』(原題:「ON THE ROAD an artist's journey」)
世界最速7/2(金)ロードショー!ユナイテッド・シネマ豊洲、新宿ピカデリー他にて
出演:ジェジュン / チャン・グンソク(友情出演)ほか
監督:イ・ジェハン(『私の頭の中の消しゴム』『サヨナライツカ』)
音楽:パク・ソンイル(『梨泰院クラス』)
上映時間:113分(予定)
配給:ローソンエンタテインメント

【内容】
日韓で活躍するアーティスト、ジェジュン。これまでの彼の人生を辿りながら、その真髄に迫る感動的なドキュメンタリー映画。ステージで見せるアーティストの姿ではなく、まっさらな一人の青年としての悩みや価値観、夢、そして音楽活動における思いなど飾らずに語る姿をイ・ジェハン監督が密着して映し出した。

(C)STORY WORKS


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)