Snow Manラウール、“甘えん坊”な一面明らかに「膝の上に座ってきて指を触ってくる」

映画・舞台 公開日:2021/05/18 63
この記事を
クリップ

Snow Manのラウールが単独初主演を務める映画『ハニーレモンソーダ』のイベント「ハニレモ♡しゅわきゅんサマー開幕式」が18日、都内にて開催。ラウール、吉川愛、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美、神徳幸治監督が出席した。


同名少女コミックを実写化する同作。中学時代“石”と呼ばれていじめられていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花を吉川が、レモン色の髪でソーダのように刺激的な“石森係”・三浦界をラウールが演じる。

映画単独初主演のラウール。試写では「恥ずかしくてしょうがなくてドキドキしてた」と打ち明けつつ、「心がプルプルする感じがして潤いました。青春とはこんなことだ、というのが知れましたね」と作品を表現した。


ラウールは「半分くらい目を隠したりしながら観ました(笑)」と自身が映るスクリーンを直視できなかったようで、吉川は「私と夏美ちゃんと3人で観たんですけど、ラウールさんがどんどん椅子の下に沈んでいって(笑)」と暴露。ラウールは「怒られちゃうような態度で観ちゃった(笑)」と苦笑し、岡本は「あんなに大きい人がいなくなれるんだというくらい、背もたれの下に沈んでました(笑)」と笑った。


また吉川は、ラウールの第一印象を聞かれ「最初お会いした時に全然目が合わなくてどうしようと思ったんですけど、スイッチが入ると一瞬でラウールさんから三浦界に変わって。プロだなって思いました」とコメント。ラウールは「かなり(人見知り)で、たぶん吉川さんも人見知りなんですけど、僕はさらに。それで気を遣わせちゃってごめんなさい」と頭を下げた。


坂東は「最初の本読みとかすごかったもんね。『(小声で)ラウールです。よろしくお願いします』って(笑)」と撮影前のラウールの様子を明かし、その一方で「気付いたら膝の上に座ってきて、指を触ってくるんですよ。1本1本」と甘えん坊な一面もあったと紹介。ラウールは「距離が縮まったかなと思うと、そこにつけ込んでしまいました(笑)」と苦笑した。


映画『ハニーレモンソーダ』は7月9日(金)全国ロードショー。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 36件)