TOKIO城島茂、ジャニーズの後輩主演映画に熱血教師役で駆けつける

映画・舞台 公開日:2021/05/14 13
この記事を
クリップ

累計発行部数250万部を突破する名作コミック「胸が鳴るのは君のせい」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)原作、すべての恋する女子の共感ポイントにあふれた、親友のように仲が良い友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリーが遂に映画化。6月4日(金)より全国公開される。この度、城島茂が本作に特別出演することが発表となり、城島と主演の浮所飛貴よりコメントが到着した。



主人公の有馬隼人を演じるのは、ジャニーズJr.で唯一『VS魂』のレギュラーメンバーに抜擢されるなど、今年最もブレイクが期待される浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)。本作で映画初主演を果たし、その活躍に更に期待が寄せられている。そして、ヒロイン・篠原つかさに白石聖、2人の恋のライバルに板垣瑞生、原菜乃華と今注目のキャストが勢揃いし、甘酸っぱくも切ないラブストーリーを彩る。情報解禁の度に大きな反響を巻き起こし、作品への期待と公開を心待ちにする声が続々と寄せられている。

この度、城島茂が本作に特別出演することが発表となった。TOKIOとしてのバンド活動の他、俳優としても数々のテレビドラマ、舞台などに出演してきた城島茂が、この度、後輩であるジャニーズJr.の浮所飛貴初主演の本作に、風紀担当教師・中村役として特別参加。赤いジャージに身を包み頭にはタオルを巻き、生徒たちに喝を入れる熱血教師という役どころを演じる。

後輩である浮所の印象を「浮所くんは天然なイメージがあったけど、現場では座長として頑張っていて頼もしかった」と絶賛するとともに、「実写版になった有馬とつかさちゃんがどんな胸きゅんストーリーを繰り広げるのか楽しみ」と作品への期待に溢れたコメントを寄せた。

さらに劇中では、主演が美 少年の浮所飛貴だからこそのオリジナル台詞も登場。出番は多くはないものの、胸きゅんがたっぷり詰まった青春ラブストーリーのスパイスとして、大きなインパクトを残している。ジャニーズの後輩・浮所に人生の教訓を熱く語る先輩・城島の姿は必見だ。
浮所飛貴と白石聖が繰り広げる切なくも眩しい恋と、そんな2人の青春を見守る城島茂の姿に注目しよう。映画『胸が鳴るのは君のせい』は2021年6月4日(金)全国ロードショー。

<城島茂 コメント>
今回撮影に参加して、すごくチームワークが良くてほんわかムードな良い現場だなと感じました。僕も原作を読ませていただきましたが、胸きゅんなストーリーが印象的で、実写版になった有馬とつかさちゃんがどんなストーリーを繰り広げるのかとても楽しみです。主演の浮所くんにはちょっと天然なイメージがあったのですが、現場では座長としてしっかり頑張っていました。本人は「あまり役者の経験が無くて…」と言っていましたが、全然そんなことは感じさせず、頼もしかったですね。役者モードの浮所くんを間近で見れるチャンスはなかなか無いので、楽しい時間でした(笑) 僕は途中の出演で撮影を最後まで見ることができなかったので、こっそり劇場に足を運んで観に行きたいなと思っています。ドキドキ胸が鳴ってしまうのは誰のせいなのか…ウッキーのせいなのか?楽しみですね。

<浮所飛貴 コメント>
美 少年の浮所飛貴です。自分の記念すべき主演映画にTOKIOの城島茂さんが出演してくださいます。自分自身、城島さんとは今まで深く関わったことがなく、今回がほぼ初めての共演でした。現場で城島さんとお会いした時、とても優しい笑顔で挨拶をしてくれました。その時すでに僕は城島さんの優しさにキュンとしてしまいました。カメラがまわっていないところでも、気さくに話しかけてくださり、一緒にお話ができたことがとても貴重な経験で嬉しかったです。是非、城島さんのファンの方にも観ていただけたら嬉しいです!!!!

■『胸が鳴るのは君のせい』
2021年6月4日(金)全国ロードショー
出演:浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.) 白石聖
板垣瑞生 原菜乃華
河村花 若林時英 箭内夢菜 入江海斗・浅川梨奈 RED RICE(湘南乃風)

原作:紺野りさ「胸が鳴るのは君のせい」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)
監督:髙橋洋人
脚本:横田理恵
音楽:KYOHEI(Honey L Days)
主題歌:「虹の中で」美 少年/ジャニーズJr.
制作協力:ドリームプラス
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:東映



(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。