A.B.C-Z 橋本良亮主演 朗読劇上演決定、演出家 鈴木勝秀との再タッグに期待

映画・舞台 公開日:2021/05/12 14
この記事を
クリップ

2021年7月、A.B.C-Zの橋本良亮主演 × 鈴木勝秀オリジナル脚本による『ピース』-peace or piece?-の上演が決定した。


朗読劇となる本作で橋本は、衛生的=正義という考え方が蔓延した社会で、「衛生」の象徴である白い服を着る若い男・レンジョウ役を努める。本作は、大阪公演を2021年7月15日(木)~18日(日)サンケイホールブリーゼにて、東京公演を7月28日(水)~8月8日(日)紀伊國屋サザンシアターにて上演する。

2020年7月上演の音楽朗読劇『日本文学の旅』(上演台本・演出 鈴木勝秀)以来、約一年ぶりの舞台出演となる橋本良亮。演出家・鈴木勝秀との再タッグに期待が高まる。


出演に際し、橋本は「ストーリーを目にした時、近未来だが、そう遠くないのではないかと感じた。今やるべき舞台だと、ご覧頂けた皆様にも感じてもらえるように表現したい」と意気込みをあらわにした。その他、ウォーター・バーの経営者・オカモト役に、2021年9月に公開を控える東野圭吾原作映画『マスカレード・ナイト』出演の篠井英介が決定。ミュージシャンに大嶋吾郎(ギター、キーボード)、グレース(パーカッション)を迎え、個性豊かな実力派キャストが集結。オリジナル音楽との融合で、一味違った朗読劇をお届けする。


上演台本・演出を手掛ける鈴木勝秀は、SixTONES京本大我主演『BOSS CAT』(2018年)、A.B.C-Z塚田僚一主演『Mogut』(2020年)等の台本・演出をはじめ、翻訳劇からオリジナル戯曲まで数多くの演出作品を手掛けてきた。

『ピース』-peace or piece?-公演チケットは、2021年7月4日(日)10:00より一般販売を開始。公演の最新情報は、公式HPにて随時公開となる。引き続きご注目を。


<橋本 良亮(A.B.C-Z)出演へ向けた意気込み>

このストーリーを目にした時、近未来だが、そう遠くないのではないかと感じました。

クリーンな世界は素敵だが、今は必ずしもそうとは言い切れない。

そんな世界になって欲しいと思う一方で、その時代に生きたら物足りないかもしれない矛盾。

どんな世界観をお届け出来るのか。

スズカツさんと再度ご一緒出来るという高揚感、二度目にして、この舞台にどのような化学反応が起きるのか今からとても楽しみです。

今やるべき舞台だと、ご覧頂けた皆様にも感じてもらえるように表現したいです。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)