佐藤健「その時感じたままやりました」主演作のインタビュー&メイキング初出し

映画・舞台 公開日:2021/05/04 17
この記事を
クリップ

映画『護られなかった者たちへ』(10/1公開)より、佐藤健、阿部寛のインタビューとメイキング映像を使用した特別映像が解禁。さらに場面写真8点も一挙解禁となった。



「このミステリーがすごい」受賞作家・中山七里の傑作小説を映画化した『護られなかった者たちへ』。殺人事件の容疑者として追われる主人公・利根役に佐藤健、彼を追う刑事・笘篠役を阿部寛が演じるほか、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒形直人など日本映画界最高峰の実力派キャストが集結。日本中を衝撃と感動で包み込む、第一級のヒューマン・ミステリーが10月1日(金)に全国公開される。

震災から10年目の仙台で発生した、連続“餓死”殺人事件。容疑者として捜査線上に上がってきたのは、別の事件の刑期を終え、出所してきたばかりの利根という男。刑事の笘篠は利根を追い詰めていくが、決定的な証拠がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた。なぜ、このような無残な殺し方をしたのか利根の過去に何があったのか。やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく。


この度、佐藤、阿部のインタビューとメイキング映像を使用した特別映像が解禁された。インタビューで利根役を演じた感想を問われた佐藤は「何度かテイクを重ねさせてもらったので、本番が始まったらゼロに戻して、その時感じたままやりました」と、常に新鮮な気持ちで撮影に臨んだことを明かしている。また、瀬々敬久監督の演出について阿部は、人間の複雑な心理を表現することに関して「瀬々監督はそういう所を繊細に撮ってくださると思ったので、瀬々監督を信じてやっていました」と、監督への厚い信頼を語った。

さらに、特別映像の冒頭にも使用されている佐藤が泥水に押しつけられ「ふざけんな!」と叫ぶ迫力シーンのメイキングの他、撮影の合間に監督と話し合う阿部の姿、そして清原や倍賞など2人を取り巻く登場人物の表情も垣間見える映像が収められている。特別映像は、佐藤の「人と人との繋がりとか、絆だとか、愛だとかが観ている方に伝わってくれたら嬉しい」と本作を観てくれる方々へ向けての熱いメッセージで締めくくられている。

本映像は4月16日(金)より、松竹系映画館の幕間映像として上映中。さらに幕間映像と併せて場面写真も8点解禁。いずれも登場人物がそれぞれの想いを抱えた表情から、ミステリーの先に心震える人間ドラマを予感させる写真となっている。


【画像】佐藤健が「ふざけんな!」と叫ぶ迫力シーンの様子など場面写真はこちら


ラスト、明かされるのは真実か、愛か。珠玉のヒューマン・ミステリーに、期待が高まる。

<ストーリー>

全身を縛られたまま“餓死”させられるという不可解な連続殺人事件が発生。捜査線上に浮かび上がったのは、過去に起こした事件で服役し、出所したばかりの利根という男。刑事の笘篠は利根を追い詰めていくが、決定的な確証がつかめないまま、第三の事件が起きようとしていた。なぜ、このような無残な殺し方をしたのか?利根の過去に何があったのか?さまざまな想いが交錯する中、やがて事件の裏に隠された、切なくも衝撃の真実が明らかになっていく


▼『護られなかった者たちへ』特別映像


■映画『護られなかった者たちへ』

10月1日(金)全国公開
出演:佐藤健 阿部寛 清原果耶 倍賞美津子 吉岡秀隆 林遣都 永山瑛太 緒形直人
配給:松竹

(C)2021 映画「護られなかった者たちへ」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)