生駒里奈×池田純矢W主演「エン*ゲキ」#05、公演詳細解禁

映画・舞台 公開日:2021/04/28 12
この記事を
クリップ

池田純矢が作・演出を手掛けるエン*ゲキシリーズの5作目となる最新作『-4D-imetor(フォーディメーター)』。


当初2020年5月に予定していた上演は新型コロナウイルス感染症の影響により中止を余儀なくされたが、その後、公演日程を2021年8月へと延期し、上演に向けて再び歩を進めてきた。そしてこの度、全キャスト・ビジュアル・公演詳細が発表、チケットの最速先行がを4月28日正午に受付開始となる。


役者・池田純矢が自身の脚本・演出により、《演劇とは娯楽であるべきだ》の理念の基、誰もが楽しめる王道エンターテインメントに特化した公演を上演するために作られた企画、エン=Entertainment:娯楽 + ゲキ=Act:芝居で「エン*ゲキ」。2015年以来、これまでに4作を上演。演目ごとに学問のジャンルからテーマを定めて、エンターテインメント作品に見事昇華させ、好評を博している。


5作目となる最新作「-4D-imetor」のテーマとなるのは “量子力学”。四次元世界や超能力といった未解明のミステリーを“イリュージョンマジック”で魅せるという、演劇的インスピレーションにあふれた未だかつてない体感型演劇が生み出される。


W主演を務めるのは、乃木坂46卒業後、女優として様々な舞台での活躍に注目を集める生駒里奈と、役者・脚本家・演出家とマルチな才能を発揮する池田純矢。ミステリーには必要不可欠な“相棒”としてタッグを組む。


共演には、唯一無二の圧倒的な存在感で多彩なキャラクターを怪演する村田充、映画、TVドラマ、舞台とジャンルを問わず活躍する松島庄汰、話題作で主演を務めるなど2.5次元作品を中心に活躍する田村心、衝撃的なマジック“ブレインダイブ”で話題を呼び、本作ではイリュージョン監修も担う新子景視、そして、三谷幸喜作品をはじめとする舞台・映画・TVドラマに出演多数、硬軟自在に演じ分け物語に一層の奥行きをもたらす俳優・阿南健治と、個性豊かなキャストが揃った。


池田演じる渡来暦が超能力の解明に明け暮れる「渡来超能力研究所」を舞台に、突如テレポーテーションのように現れた少女・ノア(生駒里奈)の失われた記憶の謎、首相官邸で立て籠もりテロを起こした“革命軍”の目的、政府の研究機関「国立研究所」に立ち込める不穏な気配……多層的に壮大なスケールで繰り広げられるミステリー、奇術×謎解き×演劇の融合による“アトラクション・エンターテインメント”がいよいよ誕生する。



昨年の公演中止から一年が経ち、私たちを取り巻く環境は大きく変わりました。

未だ先の見えない荒波の中ではありますが、演劇が生まれて数百年…きっと今以上の危機があったのだと思います。

それでも脈々と受け継がれてきた意思は、これから先も繋がっていくのだと思います。

先人達が遺してくれた想いを次の世代へと繋げていく。それが我々の意思であり、願いです。

舞台演劇の性質上、お客様には決して安くはないチケット代を頂き、その日その時その場所に足を運んで頂かなければならない。

それは簡単な事ではないと改めて感じます。

だからこそ、意味がある時間を、人生において大切な瞬間を過ごして頂く為、持ちうる全ての力でおもてなしする事を約束します。

どんな暗闇からでも光を見出すことはできる。

演劇には、人間には、そんな力があると信じています。

様々な物が変わりゆくこの時代ですが、演劇を続けていく覚悟と信念は変わりません。

どうか、共に紡いで下さい。皆様のお力をお貸し下さい。今夏、笑顔でお会いできますように。


作・演出 池田純矢

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)