Snow Manラウール&吉川愛を優しく見守る、個性豊かな同級生たち『ハニーレモンソーダ』

映画・舞台 公開日:2021/04/30 20
この記事を
クリップ

集英社「りぼん」連載作品、累計発行部数650万部突破の大ヒット少女コミック『ハニーレモンソーダ』(村田真優)の、待望の実写映画が7月9日(金)から全国公開される。

原作は2020年9月号の雑誌「セブンティーン」(集英社)で、“読者が選ぶ好きな少女マンガ&実写化してほしいマンガランキング1位”を獲得、全国のティーン女子をキュンキュンさせている、今いちばん勢いのある大人気少女コミック。Snow Manのラウールが映画単独初主演で主人公・三浦界役を務める。また、ヒロインの石森羽花役を吉川愛が演じるほか、個性溢れる同級生役に堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美ら人気実力ともに兼ね備えた若手俳優たちが大集結。2021年、あなたにも一歩踏み出す勇気を与えてくれる、さわやか度120%の青春ラブストーリーが誕生した。

この度、主人公の界(ラウール)とヒロイン羽花(吉川愛)の同級生である、菅野芹奈(堀田真由)、高嶺友哉(濱田龍臣)、瀬戸悟(坂東龍汰)、遠藤あゆみ(岡本夏美)の<新場面写真>が解禁された。芹奈、友哉、悟、あゆみは、界と同じ中学校出身で昔から仲が良いメンバー。個性豊かな4人は、界と羽花を優しく見守る存在でありながら、彼ら自身の恋や熱い友情も本作の見どころのひとつ。今回解禁となった写真は、クラスでの休み時間を一緒に過ごす姿や、笑顔で話す芹奈&あゆみ、様子を伺うように何かを見つめる友哉・悟・あゆみの様子など、4人の仲の良さやそれぞれのキャラクター性が伝わるシーンが切り取られている。


芹奈は学校で話題の美少女。羽花が悪口を言われているのを目撃したときは、迷わず羽花を助けるような正義感溢れる男前な性格をしており、男女問わず人気がある。実は中学生時代に界と付き合っていた経験があり…。友哉は、落ち着いた性格で仲良しグループをちょっと離れて見守る存在。ミステリアスで何を考えているかわからないところもありながら、自由奔放な界の良き理解者で、あまり自分のことを話したがらない界の気持ちをよく気にかけている。

悟は、みんなの盛り上げ役としていつも場を和ませる陽気な性格をしているが、界をはじめ友人たちのことを大切に思う真面目な一面ももっている。恋愛ごとに疎く、幼なじみのあゆみの気持ちにはまったく気づいていないよう…。あゆみは、明るく人懐っこい性格から、心を開くのが苦手な羽花ともすぐに打ち解け親友になる。羽花を思って時には界に厳しい言葉を投げかけることもあり、情に厚いところがある。悟に片思いしているが、なかなかうまく行っていない様子。

界と羽花の関係だけでなく、元カノ・芹奈&良き理解者・友哉2人の目線や、悟とあゆみの関係性など、彼らの恋や友情も見逃せないポイント。さらに、みんなでお祭りに行ったり、海に行ったり、勉強したり、6人の友情と青春がさわやかでキラキラ眩しい本作を、ぜひ劇場でお楽しみいただきたい。


■映画『ハニーレモンソーダ』

7月9日(金)全国ロードショー
出演:ラウール(Snow Man) 吉川愛 堀田真由 濱田龍臣 坂東龍汰 岡本夏美
企画・配給:松竹

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社


▼過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)