林遣都&中川大志が共演、映画『犬部!』で令和最注目バンドが主題歌書き下ろし

映画・舞台 公開日:2021/04/17 21
この記事を
クリップ

片野ゆか著『北里大学獣医学部 犬部!』(ポプラ社刊)を原案とした映画『犬部!』の公開日が2021年7月22日(木・祝)に決定。Novelbrightが自身初の映画主題歌を手掛けることが明らかになった。また、主題歌についてキャスト2人からもコメントが到着した。



2004年頃に、青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル「犬部」。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で、かつての「犬部」の仲間たちを再び巻き込んで、信念を曲げずに突き進む奮闘を描く。

超が付くほどの動物好きで、一匹でも多くの命を救うため、どんな状況でも諦めずに奮闘する熱血主人公・花井颯太を演じるのは、NHK連続テレビ小説『スカーレット』や『私をくいとめて』など、話題作に多数出演してきた人気俳優・林遣都。その相棒で心優しい同級生・柴崎涼介に扮するのは、NHK連続テレビ小説『なつぞら』や『虹色デイズ』『砕け散るところを見せてあげる』などに出演し、人気急上昇中の中川大志。

彼らを引っ張るのは、『花戦さ』や『影踏み』など、人の心の機微を繊細かつ堅実に描いてきた実力派監督・篠原哲雄。さらに、動物ドキュメンタリーの名手、山田あかねが脚本を手掛け、保護犬・保護猫をめぐるリアルな問題や課題を、丁寧に物語に織り込む。

この度、林遣都、中川大志と、バディの犬とのたしかな絆を感じさせるティザービジュアルが解禁。さらに、最注目バンド・Novelbrightが本作のために書き下ろした新曲『ライフスコール』が主題歌に決定した。


解禁されたティザービジュアルは、林、中川の2人が、劇中でそれぞれバディになる犬の花子と太郎と共にまっすぐに前を見つめ、互いの愛情と信頼を感じさせる。すべての生き物が幸せになるために、動物保護に人生をかける「犬部」メンバーの熱意がしっかりと犬たちにも伝わっていることを感じさせ、彼らの行く末が明るいものであることを願わずにはいられない、あたたかな仕上がりとなっている。

また、本作の主題歌は、令和最注目のバンドとして脚光を浴びるNovelbrightが「動物を愛し、動物達の為に戦う優しい心と葛藤をイメージして制作しました」と語る、書き下ろしの新曲『ライフスコール』。幾多の苦難もひたむきに乗り越えようとする「犬部」を後押しするように、心を震わす美しくて力強い歌声が響き渡る。


<林遣都 コメント>
素敵な主題歌を届けていただき感謝しています。様々な葛藤を乗り越え、信念を曲げずに闘い続けた登場人物たちの思いを代弁してくれているかのような歌詞でした。動物愛護に限らず、何かを変えようと勇気を持って声を上げ、誰かの為に生きようとする人の大きな支えとなる歌だと感じています。僕たちの思いと動物たちの声をこの『ライフスコール』にのせて、沢山の人に届けたいと思っています。

<中川大志 コメント>
犬部のメンバーと過ごした時間や、動物達の顔が、疾走感のあるメロディに乗って蘇ってきました。この曲が、苦しかった瞬間さえも優しく包み込んで未来に連れ出してくれる気がします。「剥き出しの決意をこの胸に僕は立ち向かう」この言葉が、柴崎として過ごした覚悟を、この先も忘れずにいさせてくれると思います。

<Novelbright コメント>
今回『犬部!』の主題歌を担当させて頂きました。映画を拝見し、感動と共感、そして動物達と動物を愛する主人公の思いに心を打たれました。主題歌として書き下ろした『ライフスコール』は、動物を愛し、動物達の為に戦う優しい心と葛藤をイメージして制作しました。この素晴らしい作品の一部になれたことを素直に嬉しく、誇りに思います。命の大切さ尊さを、『犬部!』を通じて沢山の人の心に届くことを願ってます。


■映画『犬部!』

2021年7月22日(木・祝)全国ロードショー
出演:林遣都 中川大志
主題歌:『ライフスコール』Novelbright(UNIVERSAL SIGMA / ZEST)
配給:KADOKAWA

(C)2021『犬部!』製作委員会


▼過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)