稲垣吾郎 二階堂ふみ W主演の“問題作”、完全受注生産によるBD&DVD化が決定

映画・舞台 公開日:2021/04/15 33
この記事を
クリップ

稲垣吾郎と二階堂ふみの主演で実写化した映画『ばるぼら』の完全受注生産による、Blue-ray&DVD化が決定。4月16日(金)より予約発売がスタートする。



【関連】稲垣吾郎、約20年ぶりに安倍晴明を熱演「すごく縁を感じています」 



1970年代に連載されていた手塚治虫の“問題作”を実子である手塚眞が監督し、クリストファー・ドイルが撮影監督を務めた本作。DVDにはオリジナルメイキング映像やDVDでしか見ることのできない監督、各役者インタビューを収録、スペシャルブックレットが付いてくる。



【STORY】

人気小説家美倉洋介は、新宿駅の片隅でホームレスのような酔払った少女ばるぼらに出会い、つい家に連れて帰る。大酒飲みでだらしないばるぼらだが、美倉はなぜか奇妙な魅力を感じて追い出すことができなかった。彼女を手元に置いておくと不思議と美倉の手は動きだし、新たな小説を創造する意欲がわき起こるのだ。ばるぼらはあたかも芸術家を守るミューズのようだった。その一方、美倉はエロティックで異常な幻覚に悩まされる。次第に彼の周囲は現実離れしてゆく。ついに美倉はばるぼらとの結婚を決意するが、それは同時に破滅への入口だった。


【DVD概要】 

収録時間:本編100分+特典映像

1枚目:映画「ばるぼら」本編、予告編 

2枚目:特典映像(メイキング、未公開シーン、独占インタビュー)

予約開始:4月16日(金)から6月28日(月) 

*発送予定:7月26日(月)以降順次発送 

価格:Blu-ray 2枚組 特別版7,480円(税込)DVD   2枚組 特別版6,380円(税込)


(C)2019『ばるぼら』製作委員会 


※本記事は掲載時点の情報です。