美 少年 浮所飛貴&白石聖 『胸が鳴るのは君のせい』で切ない恋愛模様を表現!「キュンキュン間違いなし」と出来に太鼓判

映画・舞台 公開日:2021/06/03 15
この記事を
クリップ

累計発行部数250万部を突破した紺野りさの人気コミックを実写映画化した『胸が鳴るのは君のせい』。本作で主人公・有馬隼人を演じるジャニーズJr./美 少年に所属する浮所飛貴と、有馬に思いを寄せるヒロイン・篠原つかさに扮する女優・白石聖が、それぞれの役柄や、自身の譲れないことなどについて語り合った。


キュンキュンストーリーに「僕もこんな恋がしたかった」(浮所)


男女でありながら親友のような絆で結ばれた有馬とつかさ。しかし、つかさが有馬への思いに気づき、告白したことによって、絶妙な二人の距離感は大きく揺らぎ、周囲を巻き込みながら、互いにほろ苦い恋へと変わっていくさまが描かれる。



【画像】画像をもっと見る(全26枚)




原作を読んだ際、浮所は「男でもこんなにキュンキュンできるなんて、少女漫画ってすごい」と恐れ入ったことを明かすと「正直言って、僕もこんな恋がしたかったなって素直に思いました」と照れ笑いを浮かべる。一方の白石は、実写映画化の話の前からすでに原作を読んでいたというと「登場人物が魅力的だし、女の子から見ると、有馬くんの格好良さというか、優しさに感激しながら読み進めていた覚えがあります」と原作の魅力について語る。


そんな夢中になれる世界観を持つ本作に出演することになった浮所と白石。どちらにとっても、この作品との出会いは、大きな意味があった。


1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 26件)