不敵な笑みを浮かべる綾野剛、映画『ホムンクルス』原作とは異なるラストに?意味深写真一挙解禁

映画・舞台 公開日:2021/04/12 13
この記事を
クリップ

伝説的カルト漫画「ホムンクルス」の唯一無二の世界観が実写化された映画『ホムンクルス』が、4月2日より絶賛公開中。公開初週より満席の回が出るなど、原作漫画ファンのみならず、幅広い年齢層を集客し好調なスタートとなっている。

本日、名越(綾野剛)と伊藤(成田凌)の、衝撃の写真がラストパートより公開された。さらに、Netflix配信日も4月22日(木)に決定した。




トレパネーションを施した名越が再びドリルを持ち頭蓋骨に穴を開けようとしている意味とは…そして、名越にトレパネーションを施したはずの伊藤が、血だらけのまま見つめる先には何があるのか。予告やこれまで解禁してきた写真とは異なり、不敵な笑みを浮かべる名越と、どこか寂し気な伊藤。原作とは異なる、映画オリジナルラストを意味深とさせる写真が一挙に解禁された。





また、日本のみ期間限定劇場公開し、その後、Netflixでの全世界配信が決定している本作だが、Netflixでの配信日が4月22日(木)に決定。ホラーの巨匠・清水崇監督の新境地としての呼び声が高い本作。全世界へ配信後も、是非引き続きご注目いただきたい。

なお、映画館では本編の最後にスクリーンでしか見られない特別映像「原作漫画×映画 コラボレーション映像 Message from Hideo Yamamoto」が上映されている。

<STORY>

一流ホテルとホームレスが溢れる公園の狭間で車上生活を送る名越。そこに突然、奇抜なファッションに身を包んだ研修医・伊藤が目の前に現れる。「頭蓋骨に穴を空けさせて欲しいー」突然の要求に戸惑う名越だったが、“生きる理由”を与えるという伊藤の言葉に動かされ第六感が芽生えると言われるトレパネーションを受けることに。術後、名越が右目を手で覆い、左目だけで見たのは、人間が異様な姿に変貌した世界だった。その現象を「他人の深層心理が、視覚化されて見えている」と説く伊藤。彼はその異形をホムンクルスと名付けた。ホムンクルスと化した人々の心の闇と対峙していく中で、名越の過去が徐々に紐解かれ、自らの失った記憶と向き合うことに。果たして名越が見てしまったものは、真実なのか、脳が作り出した虚像の世界なのか?取り戻した記憶に隠された結末とは?!


■映画『ホムンクルス』

絶賛公開中
出演:綾野剛 成田凌 岸井ゆきの 石井杏奈・内野聖陽
配給:エイベックス・ピクチャーズ

(C)2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)