Snow Manラウール、2年ぶり『滝沢歌舞伎 ZERO』に感極まる「思春期ですから!」

映画・舞台 公開日:2021/04/08 85
この記事を
クリップ

岩本は「この状況下のなか、スタッフの皆さんが本当に僕たちを支えてくださって、無事に初日を迎えられることを楽しみにしています」としみじみ。「実際にお客さんが入った状況はたぶん、今の想像を超える鳥肌ものだと思っているので、ゾクゾクするくらい楽しみにしています」と心境を語った。


また、「感極まっていたのでは?」と聞かれたラウールは「やめてくださいよ。恥ずかしいですよ、思春期ですから!」と赤面。続けて「キワキワでした(笑)。うれしいなっていう思いが強いですね。本当に久しぶりなので」と喜びをあらわにした。


これまでの公演ではピンクの花びらが舞っていた『滝沢歌舞伎』。青い花びらに変化した理由を尋ねられると、岩本が「今の状況で本当に最前線で戦ってくださっている医療従事者の皆様への感謝とエールの思いを込めまして、『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』から青に変えさせていただきました」と説明。舞台上で見る青い花びらについて深澤は「ピンクから青に変わったことで僕たちもすごく気が引き締まるというか、新鮮な気持ちでやらせていただいて、ありがたい」と語った。


第二部で女形を演じる阿部は「僕と佐久間は女形に挑戦させていただいておりまして、客席の皆様をうっとりさせられたらと思って舞わせていただいております」とコメント。目黒が「女形の2人がすごい綺麗で、こっちも気持ちをしっかり乗せてお芝居できてます。楽しいですね」と阿部・佐久間を称賛すると、「2人のどっちがいいのか」と質問が。目黒は「もちろん阿部ちゃんですね」と即答し、「どっちも綺麗ですけどね」と佐久間へのフォローも忘れなかった。


2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)