山崎育三郎&古川雄大、3年ぶり『モーツァルト!』で増量 最近のブームは“筋肉トーク”

映画・舞台 公開日:2021/04/07 31
この記事を
クリップ

一方、山崎は「3年ぶりの作品ですし、僕自身もどうにか進化したいという思い。雄大の(演じる)ヴォルフガングも見違えるほど進化しています」と今回の『モーツァルト!』に自信をのぞかせ、「再演ごとに自分の変化に気付かされる。今までなんとも思わなかったシーンでもグッときたりとか。楽しんでやってますね」とコメント。


また古川については「すごく先輩扱いしてくるんですけど、1歳しか変わんないんですよ、年齢は。僕は長くやっているというだけで、同世代だと思っているので、一緒に盛り上げていきたい。今はなんでも語ってくれるようになりましたね」と笑みを浮かべた。


山崎が「今回の『モーツァルト!』ではずっと一緒にトレーニングをしていて。2人とも一回りくらい大きくなってるんです。衣装のサイズがほぼ全部変わりました。雄大も脱いだらすごいムキムキですから」と明かすと、古川は「脱ぐシーンが2箇所くらいあるんですけど、上半身裸というわけじゃなくてタンクトップとかシャツ1枚とかなので、あまりわからないかもしれない(笑)。体重でいうと、前回と比べて5、6キロ増えたのかな」と笑顔。


山崎も「僕も4、5キロくらい増えましたね。30代なかばになってきたので、筋力の支えがないと。怪我をしないためというのが一番の目的ですね」と打ち明けた。


さらに、芝居以外に現場でどのような会話をしているのかと尋ねられた古川は「“筋肉トーク”ですかね。もっぱら筋トレの話。『どうやったらここにつくんだろう』とか『どういうプロテインを飲んでいるか』とか。筋肉の話は結構させていただきました」と2人の間で筋肉がブームであることを明かしていた。

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 35件)