北村匠海・山田裕貴・間宮祥太朗ら集結の『東京リベンジャーズ』主題歌は今注目のロックバンド

映画・舞台 公開日:2021/04/02 18
この記事を
クリップ

映画『東京リベンジャーズ』主題歌にSUPER BEAVER新曲が決定した。



2020年4月より結成15周年を迎えたバンドSUPER BEAVER。2021年2月3日にメジャー再契約第1弾となるアルバム『アイラヴユー』をリリースし、オリコンデイリーアルバムランキング(2月6日付)にて、CDでは初の1位を獲得。オリコンウィークリーアルバムランキング(2月15日付)は2位、Billboard JAPAN総合アルバム・チャート"Hot Albums"(2月15日付)でも2位を獲得。さらにApple Music総合アルバムランキングにて最高位2位、iTunesロックアルバムチャートでも1位を記録し、数々のチャートにランクイン。現在放送中のNTT西日本の企業CMに楽曲『時代』が起用されるなど、今最も注目を集めるロックバンドだ。


そんな彼らの新曲『名前を呼ぶよ』が今年7月9日(金)より公開となる映画『東京リベンジャーズ』の主題歌に決定した。

映画『東京リベンジャーズ』は、「週刊少年マガジン」(講談社)で絶賛連載中の累計発行部数1000万部以上を誇る、今最も10代・20代男女の心を掴んで離さないバイブル的なコミックス『東京卍リベンジャーズ』原作の実写映画作品。

北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮など最旬実力派俳優が多数出演している話題作。人生唯一の彼女だったヒナタ(今田美桜)が、事故に巻き込まれ命を落とす。不良だった高校までの絶頂期から一変、今はどん底生活を送るタケミチ(北村匠海)が高校時代へタイムリープし警察も手に負えない最凶の組織”東京卍會”へ潜入。出会った熱い仲間たちと共に、彼らの暴走を止められるのか!?ヒナタを救い、逃げ続けた人生を変えるタケミチのリベンジを描いた、男たちの熱いドラマに仕上がっている。

主題歌に決定した『名前を呼ぶよ』の詳細は未定であるが、SUPER BEAVERのVo.渋谷龍太から、主題歌を担当するにあたりコメントが寄せられている。

<SUPER BEAVER(Vo.渋谷龍太) コメント>
あなたの意味を、僕らの意味を、声を大にして歌いました。深く交わって呼応する映画作品と音楽に、あなたの気持ちまで乗っかったら最高だなア、と思っています。バンド活動17年目。今さら馬鹿みたいなこと言わせて頂けるなら、素晴らしい作品の主題歌やらせて頂ける今が楽しいです。東京リベンジャーズが世間様をザワザワさせる映画になりますように。どうぞ愛されて!
SUPER BEAVER フロントマン 渋谷龍太

■映画『東京リベンジャーズ』
公開日:2021年7月9日(金)
原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社「週刊少年マガジン」連載中)
監督:英勉
プロデューサー:岡田翔太
脚本:髙橋泉
出演:北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮
主題歌:SUPER BEAVER「名前を呼ぶよ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
(C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)