岡田准一、木村文乃のアクションはセクシーな“腿”に注目「美しく綺麗でカッコいい」

映画・舞台 公開日:2021/06/17 19
この記事を
クリップ

2019年に公開されるやいなや、大きな反響を呼んだ映画『ザ・ファブル』。そして岡田准一が再び伝説の殺し屋“ファブル”を演じる新作『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が6月18日(金)に公開される。





ボス(佐藤浩市)から「1年間、誰も殺すな。一般人として普通に生きろ」と言われたファブルは佐藤アキラという偽名で、相棒のヨウコ(木村文乃)とともに一般人のフリをして暮らし始めた。そして今回、アキラは4年前のある事件で自分が救えなかった少女・ヒナコ(平手友梨奈)と偶然、再会を果たす。それがのちに大騒動へと発展するとも知らずに…。今回は自らアクション作りにも参加した岡田とヨウコを演じた木村に直撃。映画に対するアツい思いを聞いてきた。



――前作に続き、岡田さんが殺陣をつけられていると聞いております。殺陣を付けるにあたって意識していることはありますか?


岡田「今回、構成の段階から関わらせていただいています。殺陣自体はそんなに難しいことではないんです。役者がどういう負荷を受けるか、監督目線でどういう画が撮りたいか。特に西洋では殺陣師や役者が主導して殺陣を付けると、徒手で動いた画を撮ろうとする事が多いんですが、そのバランスをどういうふうに撮っていくか。そして、それに合わせた動きをどういうものにするかを深く考えました。あとはキャラクターに合わせ、例えばヨウコなら、どのように動くか。実践武術を踏まえた格闘技ではない動きで、ヨウコには男子がやられたいと思うような動きをつけさせてもらいました。世の男子たちはヨウコに腿で締められたいんじゃないかと思い、木村さんにも確認をとったところ“わかりました。いいですよ”って言ってくださいました。衣装も腿を見せる衣装にしてくださって」


木村「うふふふふ」


岡田「ちゃんと説明をして、どういう意図を持って動きをつけるかが大事だと思っています。やっぱり映画なので殺陣にも魅力がないといけません。監督やプロデューサーの方々からはエンタメ作品にしたい!という思いも聞いていたので、ヨウコが美しく綺麗に見えて、なおかつカッコイイと思ってもらえるような殺陣をつけさせていただきました」


木村「私は基礎も何もないので、まず基礎練習の段階から必死だったんです。岡田さんが意図する魅力的でセクシーな殺陣というものが、どういうことかを理解する前に“やります”って勢いでお返事してしまったんですけどね(笑)。でも、腿で人を締め落とすことは本当に大変で。実際、本番では鈴木役の安藤(政信)さん相手にやらせていただいたんですが、女性と男性との力の差が出てしまうので悔しいなって思う気持ちもありました。ただそのシーンを見させていただいたとき、安藤さんの見事なまでのやられっぷりを見て、あぁ、そうか。アクションって1人じゃ成り立たないんだなってことを改めて感じました」






――前作がヒットしての今作。実際に撮影してみていかがでしたか?


岡田「前回と変わらず、僕の演じるアキラは割りと浮世離れしている役柄です。前作でのアキラはヨウコを拒絶しているのかというぐらい言葉数も少なくて。あまり話を聞いていないような素振りをする設定だったのですが、今回はヨウコにとってツッコミやすかったんじゃないかと思います。前作は会話が飛んできても“あぁ”ぐらいしか答えませんでしたからね(笑)。そのアキラの成長というか、変化があって。今までだったら放っておいたことも、気になることには首をつっこんだりするんです。死に直結するので、無駄なことをしないのがファブルだけど、自らヒナコにコンタクトを取ったりしますから。そういう意味でアキラはちょっとだけ雪解けしているのかなって感じました」


木村「もうサイボーグから人になったぐらいアキラは変化していますね。温かい血が流れている感じがするというか。タイトルにも副題で『殺さない殺し屋』とあるように、分かりやすい変化があったのではないかと思います」


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 20件)