松山ケンイチ、2年間かけた圧巻の役作り“負け続きボクサー”が憑依

映画・舞台 公開日:2021/03/15 19
この記事を
クリップ

『ヒメアノ~ル』『犬猿』など、リアリティ溢れる描写で人間の光と影を表現し続け、作品毎に映画ファンを魅了してきた吉田恵輔が、30年以上続けてきたボクシングを題材に、監督・脚本を務めた完全オリジナル作品、映画『BLUE/ブルー』が2021年4月9日より新宿バルト9他にて全国公開される。この度、主演を務める松山ケンイチの役作りの一端が垣間見える“ボクサー”らしいスチールが解禁された。



演技派俳優として確固たる地位を築く松山ケンイチが、本作では情熱はあっても才能が無い、試合には勝てない主人公・瓜田を熱演。同じジムに所属する、強さと才能を合わせ持つ後輩・小川を東出昌大が、モテるために始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎を柄本時生が演じ、3人は『聖の青春』以来5年ぶりの共演を果たす。ヒロインは吉田監督作品への出演を熱望した木村文乃が務め、瓜田の初恋の人でありながら、今は小川の婚約者という二人の間で揺れる千佳を演じる。

瓜田役の松山は、役柄によって変幻自在にビジュアルを変え、説得力を持たせる徹底した役作りと、その確かな表現力で演技派俳優の称号を欲しいままにしている。夭逝した天才棋士・村山聖の生涯を描いた映画『聖の青春』において、実在した鬼気迫る天才を演じるために約20キロの増量をしたことは、広く知られた話である。ほかにも『GANTZ』では7kg増量を行うなど、“その役になりきる“ことを何よりも優先する松山の役作りは体重の増減で語られることが多いが、『NANA』に出演した際、一晩でベースを一通り弾けるように練習したというエピソードも見逃せない。『ノルウェイの森』で繊細な感情の揺れを見せたかとおもうと、『珍遊記』ではお尻を披露、北海道が舞台の映画『ホテルローヤル』では青森弁を織り交ぜるなど、出演する作品の中で光るものを見せつけ続けてきた。


そんな彼が、元々は断ろうと思っていたというのが本作『BLUE/ブルー』である。ボクシングと関西弁は見る人が見れば、嘘がバレてしまうというリスクを孕んでいるというがその理由だったのだが、今回は2年間という時間をかけてじっくり負け続きのボクサーという役柄を憑依させていった。今回は、ムキムキに身体をつくりあげるのではなく、佇まいを本物にするというアプローチを行った。

縄跳び、ミット打ち、サンドバック、防御の練習など、一般的なトレーニングをこなしつつも「大事にしたのは、ジムにずっといること。練習している人や、トレーナーがどういう掛け声でミットを打っているかとか、常に見ていました」と語る。長い時間をかけてジムでのボクサー雰囲気を身につけたからこその、納得の演技・まなざしをぜひ堪能してほしい。映画『BLUE/ブルー』は2021年4月9日より新宿バルト9他にて全国ロードショー。

■映画『BLUE/ブルー』
2021年4月9日より新宿バルト9他、全国ロードショー
出演:松山ケンイチ 木村文乃 柄本時生 / 東出昌大
監督・脚本・殺陣指導:吉田恵輔 ※吉田恵輔の「吉」は「つちよし」が正式表記
主題歌:竹原ピストル「きーぷ、うぉーきんぐ!!」(ビクターエンタテインメント)
配給・宣伝:ファントム・フィルム

(C)2021「BLUE/ブルー」製作委員会

▼関連

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)