坂口健太郎『劇場版シグナル』に自信「しっかり痛みが伝わる画が撮れました」

映画・舞台 公開日:2021/03/02 15
この記事を
クリップ

『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』完成報告会が2日、都内で開催され、坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋が出席した。


本作は、2018年に放送された連続テレビドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の劇場版。“現在”を生きる刑事・三枝(坂口)が、“過去”を生きる熱血刑事・大山(北村)と、一台の繋がるはずのない無線機を通じて、未解決事件を解決していく姿を描く。


連続ドラマ、スペシャルドラマを経ての映画化。坂口は「連続ドラマとしてしっかり終わったと思っていたので、(原作の)どこをやるのだろうと思っていたら、映画はオリジナル脚本と聞いて、よほど内容を深めていかないと難しいなと思いました」と、当初は劇場版にハードルの高さを感じていたという。


しかし、撮影に入ると、徐々に「映画を撮っているんだ」という感覚と自身の身体がシンクロしていったという坂口。アクションもスケールアップしており、アクション監督とは「しっかり痛みが伝わるような画にしたい」という共通認識で作品に臨めたという。そんな思いが「しっかり映像に出ていると思います。出演者ですが、とても映画は面白かったです」と坂口は出来に太鼓判を押していた。


【画像もっと見る】ソロカット充実(全32枚)

ドラマから時間が空き、しかもシリアスな内容の作品という難しい状況。しかし現場は非常に和気あいあいとしており、笑いが絶えない撮影だったという。長期未解決事件捜査班として、坂口扮する三枝とタッグを組む美咲を演じた吉瀬が「ドラマ以上にチームとしての一体感がありました」と絆の深さを強調すると、坂口や木村もうなずく。


そんななか、過去パートの北村だけは「僕は撮影中、誰とも会っていない。いつも独りぼっちなんです」とさみしい顔。それでも「撮影とは別に、ドラマが終わったあとも、食事会に呼んでいただくなど、しっかりコミュニケーションはとれていました」と笑顔を見せる。また北村は昭和パートを演じるうえで「昭和のドラマによくあった熱血さや一生懸命感をしっかり表現しようと思っていました」と役作りについて語っていた。


作品から強いエネルギーが感じされる劇場版『シグナル』。坂口は「いま大変な時代になってしまっていますが、この映画を観て、チームワークの良さやパワーを感じてもらえたら、すごく嬉しいです」と笑顔を見せると「観ていただける方の心になにか残ってくれれば、作品に携わったかいがあります」とメッセージを伝えた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 32件)