芳根京子 誕生日サプライズに大粒の涙、北川景子ももらい泣き

映画・舞台 公開日:2021/02/28 21
この記事を
クリップ

公開から約2週間が経ち、2月26日(金)からは体感コメンタリー上映(北川景子・中村倫也・芳根京子・窪塚洋介・堤幸彦監督の副音声によるコメンタリー上映)が開始されますます話題沸騰中の『ファーストラヴ』。その大ヒットを記念し、北川景子、芳根京子、堤幸彦監督が大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した。


北川は周囲の反響について「同じ業界の俳優さんや監督、プロデューサーさんから「堤監督のこういった作品も初めて観たし、北川さんも芳根さんもこういう役を観たことなくてすごく新鮮でした」とたくさん連絡をいただいた。(女性が多いかと思えば)男性から意外といただきました」と語ると、芳根も「公開した次の日に家族でも観に行きました。エンドロールでも皆さん帰ることなくじっと観てくださっていたのがうれしくて、母は涙を流しながらウンウンと頷いて受け止めてくれた」とはにかみ、堤監督も「恋愛モノかなと、こういう(サスペンスの)テイストの作品ではないと思って10歳のお子さんを連れて行って説明に困ったという話を頂いたり(笑)、いままで全作品に辛口な親友の同級生から今回だけ一言「良かった」とメールがきた。やったぜ、と」と長いキャリアでも初のエピソードを笑顔で明かした。


会場には2回以上リピートしている人や、体感コメンタリー上映で楽しんだ観客も多く詰めかけており、堤監督が「より泣けた?まったく別アングルで喋っているので、コメンタリーを体験してない方は次はぜひ!最初は、苦どうかと思いましたが、コメンタリーを観てまた本編を観たり、本編を観た方がコメンタリーで真相を知ったり、立体的な楽しみ方ができる。随所のこだわりについても話しています。途中、北川さんと芳根さんは自分で演じているのに、完全にお客様になってリアクションに困るくらい泣きじゃくってます(笑)」と明かすと、北川は「けっこう見入ってしまって無言になってしまうときもあったんですが、男性陣がツッコミを入れてくれながら進んでいったので、シーンと離れた会話も意外と見どころです。芳根ちゃんは号泣して、鼻をかんでる音も入ってます(笑)」、芳根も「(北川が演じた)真壁先生の目に弱くて、泣いちゃうんです。北川さんにティッシュを回しました(笑)」とそれぞれこの体感コメンタリーでしか聞けない、副音声ならではの魅力をアピールした。


その後、この日のために、公式SNSで募集した登壇者への質問に回答することに。

まずは【北川さん、芳根さんの出演シーンで、監督から見てスゴイと思ったシーンは?】の質問に、堤監督は「本人を目の前にして…(笑)」と照れつつ、「私はカットをたくさん割るタイプなのですが、面会室のシーンはリハーサルのお二人の演技を見てそのカット割りはもう要らない、と。それぞれの一本押しでいける、そんな迫力、説得力、女優としての表現力の高さを目の当たりにした。芳根さんに至っては直前まで裏でせんべいをボリボリ食べていたのにすぐにあのお芝居、北川さんは毎テイク必ず同じことを再現してくれる。これはなかなか出来ないんです」と力を込めると、北川はその面会室のシーンについて「(芳根と)話し合いとかもしませんでしたし、監督からのカット割りをやめよう、という話もそうですが、何かが生まれた感じ」と振り返り、芳根も「頭で考えてもダメだと思って、心臓の音がマイクに拾われていたのは初めて。緊張しながら、真壁先生と感情がなにか繋がった瞬間だなと今でも鮮明に覚えてます」と続けた。


続いて【涙を流すシーンは大変だったのでは?泣く演技のときはどのようなことを考えているのですか?】との質問に、北川が「写真を見て泣くシーンは、その写真が本当に素敵であたたかくて、演じた由紀は恵まれた国で恵まれて育ったのに当たり前のような幸せが当たり前じゃなくて、思わず泣けてきた。自然に出てきました」と思い返していると、芳根が「あのシーン、振り返ったときに出る涙が大好きです!」とお気に入りのシーンに熱を上げ、堤監督から「照明が当たっているほうから涙を出した、というわけじゃないんでしょ?」と聞かれた北川が「こっち側から出るといいなあ、とは少し考えてました」と涙まで意図していた驚きのエピソードに会場も驚嘆。続けて芳根が「どのシーンも、台本に“涙”と書いてないんです。ただあふれてくる感情で、泣いてしまうのはどう見えるか…?と思ったんですが…」と心境を吐露すると、堤監督から「自然に涙が出てくるのは素晴らしかったですよ」と声をかけられ安堵していた。


次に【実際に公認心理師の役作りをして、何かご自身で変化はあったか?】の質問に、北川が「注意して観ていると、テレビのニュースでもこの映画に似ているようなケースが取り上げられていて、気になるようになった。自分だったらどうするか、人にために何ができるか、と考えるようになった気がします」と語ったり、【北川から言われていちばん”愛”を感じた言葉は?】とタイトルにもちなんだ質問を寄せられた芳根が「お互いに連ドラの撮影で忙しくて、『きょんちゃん(芳根)が頑張っていると思うと私も頑張れる』と連絡をもらって、好きな人と一緒に頑張るのは幸せだなと思えてすごく嬉しかった!」と満面の笑みをみせ、北川も「家庭との両立に心が折れそうになったりするときにちょうどよく連絡をくれて、一緒に頑張っているように感じられて勇気をもらってます。年齢の差もあるけど、”心の友”のような、良いご縁をもらった作品です」と絆を感じさせた。


ここで当日24歳の誕生日を迎えた芳根に、バースデーサプライズ! 北川から大きな花束と共に「お誕生日、おめでとうございます。この作品で改めて芳根京子という女優さんとご一緒出来て嬉しかったです。本当にたくさんの大変なお仕事を乗り越えられて立派な女優さんになられて、私がお芝居のことや他のこともたくさん学ばせてもらっています。これからもよろしくお願いします、頑張りすぎないで」と祝福の言葉が贈られると、我慢していたがこらえられず大粒の涙を流す芳根に、北川も「こんなはずじゃなかったのに…(笑)」と思わずもらい泣き。芳根は「すごく幸せな誕生日です。こういうご時勢で、誕生日も友達ともなかなか会えないなと思っていたところで、舞台挨拶のお仕事だけですごく嬉しくて、それだけで素敵だと思っていたのにまさかこのように北川さんからも嬉しいお言葉をいただけて、本当にありがとうございます」と感無量のコメント。


タイトルを象徴するかのように”愛”に溢れたあたたかい雰囲気に包まれるなか、最後に北川が「おかげさまでたくさんの方に観ていただいて、堤監督や京子ちゃんともう一度このような機会を頂けて本当に嬉しかった。私もこの役柄はデビューしてからの中でも大きな挑戦で、自分の人生の中でも大切な作品になりました。出会えて嬉しかったし、この作品の皆さんとはご縁がずっと続いていく感覚があって、そんなに多いことではないので、いろんな奇跡が詰まった作品。ぜひ1人でも多くの方に届きますようにと願っています」と感慨深げに締め、さらなる感動の拡がりを予感させる舞台挨拶となった。


Ⓒ2021『ファーストラヴ』製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)