リドリー×白井晃の衝撃作『マーキュリー・ファー』来春再演、吉沢亮が出演決定

映画・舞台 公開日:2021/02/27 8
この記事を
クリップ

吉沢亮が、主演の大河ドラマ『青天を衝け』の後は、舞台『 マーキュリー・ファー 』に出演することが決定した。


『マーキュリー・ファー』は、イギリスの劇作家フィリップ・リドリーが2005年に書き下ろし、日本では2015年に白井晃の演出によりシアタートラムで初めて上演した作品。


これまで白井が世田谷パブリックシアターで演出を手掛けたリドリーの作品は5作に上り、いずれも斬新な劇場空間と、衝撃的な演出で高い評価と話題を呼んだ。リドリーは白井が最も触発される劇作家だと言っても過言ではない。

その中でも『マーキュリー・ファー』はその他の作品と比べ、より過激な表現、より挑発的なセリフが次々と繰り出される作風で、極限状態に置かれた人間の残酷さが描かれている。暴力と略奪がはびこる荒れ果てた世界であぶりだされる人間の本質を世の中に鋭く突きつけるとともに、生きること、愛することを渇望する人間の美しさが描かれた『マーキュリー・ファー』。初演時には観客に大きな衝撃を与えた。


今回は劇場をシアタートラムから世田谷パブリックシアターへと移し、およそ7年ぶりに再演される。



『マーキュリー・ファー Mercury Fur』

【作】 フィリップ・リドリー

【演出】 白井晃

【翻訳】 小宮山智津子

【出演】 吉沢亮 北村匠海 ほか

【日程】 2022年1~3月  

【会場】 世田谷パブリックシアター

【主催】 公益財団法人せたがや文化財団 

【企画制作】 世田谷パブリックシアター 

【後援】 世田谷区

※本記事は掲載時点の情報です。