橋本環奈 上白石萌音Wキャスト、不朽の名作『千と千尋の神隠し』世界初の舞台化

映画・舞台 公開日:2021/02/26 12
この記事を
クリップ

舞台『千と千尋の神隠し』の上演が決定した。宮﨑駿監督の不朽の名作である『千と千尋の神隠し』は、2001 年の封切り以降、爆発的な大ヒットとなり、2003 年には米国アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞。日本での公開から18年が経った2019 年には中国で初めて公開され大きな話題となるなど、その壮大かつ独創的な世界観が日本のみならず世界中で愛され続けてきた。


この度、舞台化にあたり翻案・演出を手掛けるのは、ミュージカルの金字塔『レ・ミゼラブル』の世界初演の潤色・演出を担い、そのほか『ナイツ・テイル』や『ダディ・ロング・レッグズ』など演劇史に残る名作を生み出してきた英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクター、ジョ ン・ケアード。かねてより『千と千尋の神隠し』の大ファンだったジョン・ケアードは、来日の折にスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーと対話し、宮﨑駿氏との対面も果たし、舞台化の許しを得た。そして、主演の千尋は、人気と実力を兼ね備え、今回が初舞台となる橋本環奈と、ドラマや舞台に加え声優や歌手としても活躍の場を広げる上白石萌音がWキャストで演じる。


少女・千尋が引っ越し先に向かう途中、トンネルから八百万の神々の世界へ迷い込むところから始まるこの物語。人間の世界に戻るために様々な出会いを経て、生きる力を呼び醒ましながら奮闘する千尋の姿が見どころ。油屋と化した帝国劇場が、観客を「不思議の町」に誘う。


本作の企画の種が生まれたのは2017年。東宝演劇部からスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーに構想を相談して以来、実に開幕まで5年の歳月をかけて、今までに類を見ないビッグプロジェクトがついに結実した。また、本作が上演となる2022年は、東宝創立90周年の年でもあり、2月・3月の帝国劇場を皮切りに、4月大阪、5月福岡、6月札幌、6月・7月名古屋と、4大都市での上演も決定しており、総力をあげて舞台『千と千尋の神隠し』を全世界に届ける意気込みで取り組んでいる。アニメーション映画の傑作が世界で初めて舞台となって帝国劇場に歴史を刻む瞬間を見届けていただきたい。


【次ページ】橋本環奈&上白石萌音コメント掲載

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)