SixTONES松村北斗「あの演出をする耶雲監督は恐い!」緊迫の修羅場シーン

映画・舞台 公開日:2021/02/24 8
この記事を
クリップ

松村北斗(SixTONES)と森七菜の初共演&W主演映画『ライアー×ライアー』より、修羅場突入の場面写真が到着した。


原作は、累計発行部数190万部を突破し、2012年度「このマンガがすごい!オンナ編」にランクイン、2015年には第39回講談社漫画賞・少女部門にもノミネートされた金田一蓮十郎の大人気コミック『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)。ウソから始まる不思議なラブストーリーとして、多くの女性読者の心を掴んだ本作が待望の映画化。大ヒット上映中だ。


今回到着したのは、森七菜演じる女子大生・湊とギャルJK・みなをめぐって松村北斗(SixTONES)演じる透と小関裕太演じる鳥丸が衝突する様子を収めた場面写真。


両親の再婚で透と義理の姉弟になった湊は、JKのフリをしていたところに透と遭遇。湊のウソに気づかず別人“JK・みな”と信じて恋に落ちた透と、前代未聞の【2人なのに3角関係】の恋が始まる。しかし、湊の幼馴染で初恋の人・烏丸が現れたことで、まさかの“3人の4角関係”へと発展し、さらに複雑化してしまうことに。


そんな3人の修羅場となるのが、湊と透が住む高槻家。ひょんなことから鳥丸が夕食に招かれることになり、透、湊、烏丸の3人が横並びになり、それぞれの事情を知らない高槻両親とすき焼きを囲む。透が鳥丸に掴みかかる修羅場を写し出した場面写真からは、夕飯を楽しんでいたとは思えない緊迫した空気を放っており、一体何が起こったのか真相が気になる1枚だ。


夕食のシーンについて、松村は「あの演出をする耶雲監督は恐い!って思いました(笑)。でも、あの配置だからこそ、透の感情を表現できたと思います。」とコメントしており、森も「真ん中の席じゃなくて良かったって思いました(笑)。正直、すき焼きの味はしなかったですね…」と、相当緊張感のある撮影だったことが伺える。果たして前代未聞の恋愛バトルが勃発する“修羅場の食卓”はどんなシーンに仕上がっているのか。ぜひ劇場でご確認を。


■『ライアー×ライアー』
大ヒット上映中!
配給:アスミック・エース
(C) 2021『ライアー×ライアー』製作委員会 (C)金田一蓮十郎/講談社


※本記事は掲載時点の情報です。