大倉忠義・成田凌『窮鼠はチーズの夢を見る』未公開シーンの秘話公開

映画・舞台 公開日:2021/02/22 8
この記事を
クリップ

大倉忠義・成田凌出演、監督行定勲による、昨秋劇場興収7.5 億円を超えるスマッシュヒットを記録した映画『窮鼠はチーズの夢を見る』のBlu-ray&DVDが、2021年3月3日(水)に発売される。 来週の発売に先駆け、豪華版に収録される特典映像の一部が公開された。


特典映像には、大倉・成田・行定監督が登壇したイベント映像(夏休み限定イベント・公開記念舞台挨拶)や、 撮影当時のメイキングやキャストインタビュー、さらに未公開シーンに新撮の監督インタビューを織り交ぜた、本作の背景を存分に堪能できる『窮鼠はチーズの夢を見る』バックストーリーなど、 94分におよぶ見応えのある映像をたっぷりと収録。

今回特に注目なのは行定監督が語る、ある未公開シーン。「あえてこのシーンをおとすことによって最後のクライマックスが活きてくることが明確で、そのシーンを経てラストに向かって撮影していったのがすごくよかったと実感した場面」として監督が挙げた、“終盤で恭一と今ヶ瀬が街で再会するシーン”からの“続きのシーン”。当初の脚本も本編で描かれたシーンまでだったはずの、“その先”のシーンと撮影秘話が明かされる。2人が再会した後にどうなったか。恭一の心情をうかがえるとても切なく胸を打つシーンとなっている。




■『窮鼠はチーズの夢を見る』
2021年3月3日(水)Blu-ray&DVD Release

(C)水城せとな・小学館/映画『窮鼠はチーズの夢を見る』製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。