松村北斗、初共演の森七菜に「本当に尊敬」同期・七五三掛龍也との共演にも感慨

映画・舞台 公開日:2021/02/20 5
この記事を
クリップ

SixTONESの松村北斗と女優の森七菜が20日、都内で行われた映画『ライアー×ライアー』の公開記念舞台挨拶に堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、耶雲哉治監督と参加。松村が登壇者に向けて、感謝の直筆サプライズメッセージを贈った。




【写真】ほかの写真をもっとみる




それぞれが持つマイクについているシールを剥がすと、そこには松村からの“感謝の言葉”が隠されていた。森には「撮影中、チームを引っ張ってくれてありがとう!本当に尊敬しています」、堀田には「次はもっと一緒にお芝居をしましょう!」、同期の七五三掛には「この作品には絶対にしめ(七五三掛)が必要だ!」、耶雲監督には「映像の美しさに心からほれぼれしました」などと書かれていた。


森が「尊敬なんて…恐縮」というと、松村は「W主演なので一個一個同じポジションを担当していたので、尊敬しています」と感謝。一方、堀田は松村から「姉御肌で、ときどき“姉さん”と呼ぶくらい頼りになった」と言われるも「私のマイクのシールだけがちょっとはがれていたので、これ大丈夫?と思っていた。気になって先にシールを捲らないで良かった~!」とサプライズの仕込みにヒヤヒヤしていた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 19件)