渡邊圭祐、DMで依頼された衝撃案件を告白「髪が長かったので勘違いしたのか...」

映画・舞台 公開日:2021/02/18 16
この記事を
クリップ

俳優の新田真剣佑が主演を務める映画『ブレイブ –群青戦記-』の「天下人に挑戦イベント」が18日、都内にて開催。新田、鈴木伸之、渡邊圭祐が出席したほか、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタル、村上も登場した。


撮影を終えて、思い出に残っていることを聞かれた新田は「みんなで撮影後にご飯を食べにいったこと」と回答。「人数が結構多かったんですよ。誰一人コミュニケーションが取れない人がいないようにそういう場を設けさせていただきました」と韓国料理のタッカンマリを食べたエピソードを明かした。


鈴木は「今回は本当に、チームワークづくりが大事だったところをマッケン(新田)が声をかけてくれたので、すごくいい雰囲気で撮影をやらせてもらいました」と回顧。「カットの合間の雑談が楽しみすぎて。本当に楽しい撮影で、こんな作品なかなか出会えないんじゃないかというくらいでした」と現場の雰囲気の良さを振り返ると、渡邊も「立場的には敵になる僕も招いてくれた、新田真剣佑という男の男気に、器の大きさに、僕は一番の喜びを感じたかもしれない」と劇中での役柄の幅を超えて交流をしたという新田を絶賛した。


今回のイベントでは、野田による自作のオリジナルゲームにキャスト陣が挑戦。新田が「かなり興味があります。初見で成功する確率が2%って言われたんで、その2%に入りたい」と意気込む一方、渡邊は「僕、ゲームが絶望的に苦手です。台本をいただいたときに、『ゲームが得意でお好きな3人』って書いてあったんですけど、どっからその情報入れたんだって」と不安そうな表情を浮かべた。


【次ページ】渡邊圭祐、まさかの衝撃案件の依頼に「髪が長かったので勘違いしたのか...」

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 66件)