SixTONES松村北斗、逆ナンも可憐にスルー!?試練に耐え抜く姿が「応援したくなる」

映画・舞台 公開日:2021/02/17 19
この記事を
クリップ

松村北斗(SixTONES)と森七菜の初共演&W主演の映画『ライアー×ライアー』がアスミック・エース配給により2月19日(金)に公開となる。


原作は、累計発行部数190万部を突破し、2012年度「このマンガがすごい!オンナ編」にランクイン、2015年には第39回講談社漫画賞・少女部門にもノミネートされた金田一蓮十郎の大人気コミック『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)。ウソから始まる不思議なラブストーリーとして、多くの女性読者の心を掴んだ本作が待望の映画化となる。

この度、松村北斗(SixTONES)演じる透が森七菜演じるJK・みなの試練に耐え抜く本編映像が到着。


今回到着したのは、松村北斗(SixTONES)演じる透が、美女からの逆ナンを可憐にスルーし、どんなに相手が現れずとも待ち続ける姿を収めた本編映像。


ある日、とある事情でJK姿で街を歩いていたところ、透に偶然遭遇してしまった湊(森七菜)。別人“みな”とウソをついたものの、透からまさかの猛アプローチを受け、付き合う展開に…!しかし、女癖の悪い透を懲らしめる良い機会だとデートすることを決意。まず手始めに、初デートの待ち合わせで何分待てるかの試練を与えるJK・みな。しかし、10分、30分、1時間…と時間が経過する中、渋谷の“ハチ公”さながら健気に待ち続ける透の姿が…。しかも美女達から次々と逆ナンをされるにも関わらず、そっけなく対応する透の様子に、陰から成り行きを伺うみなは根負けしそうな気配が漂っている。果たして、透はこの後待ち受ける“JK・みなの試練”に耐え抜けるのか…?


透演じる松村自身も、「バカみたいにまっすぐで、踏み込めないこともいっぱいあるけれど、それが妙に親近感を持てるというか応援したくなる。愛すべきキャラクターです」と語っており、その言葉通り、一途で真っすぐな透が垣間見えるシーン。いよいよ今週公開を迎える映画『ライアー×ライアー』にご注目いただきたい。


▼『ライアーライアー』関連記事


『ライアー×ライアー』

2月19日(金)全国ロードショー

出演:松村北斗(SixTONES) 森七菜
小関裕太 堀田真由 七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)/ 板橋駿谷 竹井亮介 相田翔子
原作:金田一蓮十郎『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)
監督:耶雲哉治
脚本:徳永友一
音楽:遠藤浩二
主題歌:「僕が僕じゃないみたいだ」 SixTONES (Sony Music Labels)

製作:『ライアー×ライアー』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:アスミック・エース
(C) 2021『ライアー×ライアー』製作委員会(C)金田一蓮十郎/講談社


▼映画『ライアー×ライアー』透逆ナン本編映像





※本記事は掲載時点の情報です。