二宮和也「いい芝居するなぁ(笑)」と自画自賛する“伝説のシーン”とは?

映画・舞台 公開日:2021/02/18 4
この記事を
クリップ

映画『浅田家!』のBlu-ray&DVDが3月17日(水)にリリースされる。発売に先駆け、ビジュアルコメンタリーの一部が特別公開された。



本作は、「家族」を取り続けた写真家と、彼を支え続けた「家族」の、感動実話。日本映画界を代表する豪華キャスト&スタッフが集結し、「第36回ワルシャワ国際映画祭」にて最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)、「第44回日本アカデミー賞優秀作品賞」を受賞した。


父、母、兄、自分の4人を被写体に“家族がなりたかったもの”“家族でやってみたいこと”をテーマに撮影し、写真界の芥川賞ともいわれる第34回木村伊兵衛写真賞を受賞した「浅田家」と、東日本大震災の津波で泥だらけになった写真を洗浄し元の持ち主に返すボランティア活動に参加した浅田政志が、作業に励む人々を約2年間にわたって撮影した「アルバムのチカラ」の2冊の写真集を原案に、『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、実話に基づき独自の目線で紡いだオリジナルストーリー作品。主人公・浅田政志を演じるのは、二宮和也。実在の人物を演じるのはこれが初挑戦。共演は、政志の兄役に妻夫木聡、政志の父役に平田満、母役に風吹ジュン、政志の幼なじみの若奈役に黒木華、写真洗浄のボランティアで政志が出会う東北の大学院生・小野役に菅田将暉など、日本映画界を代表する超豪華俳優陣が集結した。


Blu-ray&DVD豪華版には、二宮和也×浅田政志×中野量太監督によるビジュアルコメンタリーを収録。さらに、撮影の舞台裏に密着したメイキング映像やイベント映像集など、ここでしか観られない貴重な映像を収録した特典DVD付き豪華3枚組となっている。

今回、Blu-ray&DVD発売に先駆け、ビジュアルコメンタリーの一部が特別公開された。二宮和也×浅田政志×中野量太監督が本編を見ながら撮影当時のエピソードを明かしたり、二宮の呼びかけによって公式Twitterに寄せられた質問に答えたり、ここでしか観ることのできない貴重なコメンタリー映像となっている。

ビジュアルコメンタリーに初めて参加した浅田は、これから何が始まるのか、と不安な様子。監督も音声のみのオーディオコメンタリーは経験があるが、ビジュアルコメンタリーは初めてとのことで、何回か経験のある二宮が「映画を観ている我々の映像も映っているんですよ」と説明するところから始まっている。今回公開された映像はそのほんの一部。自分が出演していないシーンについて「どんなふうになっているんだろうって見たりするの?」と監督に聞かれた二宮は「見ます。見ます。むしろ、そっちを見たい」と即答。「自分が関わっているシーンは、特に」と、黒木華演じる若奈が二宮演じる政志と電話で話すシーンを見ながら答えている。

また、あるシーンで二宮が「いい芝居するなぁ(笑)」と自画自賛すると、監督が「伝説のシーン」と話を膨らます。二宮は「そこまで(話に)被せられると…」と照れ笑いする様子も収められている。公開された映像の他には、二宮が演じた浅田政志本人に、「本当にこんな感じだった?」と質問したり、浅田から二宮や中野監督に、中野監督から二宮、浅田に、撮影当時の話や、原案となった「浅田家」の撮影など、役者、監督、写真家とそれぞれ違う立場から質問し、それに答えている。

質問は二宮、浅田、中野監督からだけでなく、公式Twitterにも作品ファンから質問が寄せられており「それについては、Twitterでもこんな質問が来ていますよ」と二宮が紹介し、それに監督や浅田、二宮が答えるという新しい試みも交えていて、ファンにとって嬉しい映像になっている。Blu-ray&DVD豪華版には、ビジュアルコメンタリーだけでなく、メイキング映像や、イベント映像集なども収録されている。

『浅田家!』Blu-ray&DVDは3月17日(水)に発売。DVD通常版や、Blu-ray&DVDも同時リリースとなる。

▼『浅田家!』ビジュアルコメンタリー映像

■映画『浅田家!』Blu-ray&DVD
2021年3月17日(水)発売
Blu-ray豪華版(特典DVD付3枚組):¥7,500+税
DVD豪華版(特典DVD付3枚組):¥6,500+税
DVD通常版:¥3,800+税

(C)2020「浅田家!」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)