BTS×back numberのコラボ実現、坂口健太郎主演『劇場版シグナル』主題歌に決定

映画・舞台 公開日:2021/02/16 16
この記事を
クリップ

BTSの新曲『Film out』が4月2日公開の『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』主題歌に決定した。本日より公開となった予告映像では、一部音源が早くも公開された。

韓国ドラマ『愛の不時着』などで知られるスタジオドラゴンと、世界的に高い評価を得ている制作会社ASTORYが共同で手掛け数々の賞を受賞した韓国の同名ドラマをリメイクし、2018年4月期に放送された連続ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』。

謎の無線機が“現在”と“過去”の2人の刑事をつなぎ、共に未解決事件を解決していくという斬新な設定や、時空を超えて複雑に絡み合う骨太な人間ドラマも相まって、予測不可能な傑作サスペンスとして話題を呼んだ本作が、この度、オリジナルストーリーで待望の映画化。4月2日(金)より全国東宝系にて公開される。





『劇場版シグナル』坂口健太郎、本格アクション初挑戦!奈緒ら新キャストも



謎の無線機で、“過去”に生きる刑事と通信しながら、未解決事件を解き明かそうと奮闘する“現在”の刑事・三枝を演じるのは、本作で初の本格アクションに挑戦した坂口健太郎。さらに、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋がドラマ版に引き続き、出演するほか、伊原剛志、鹿賀丈史、田中哲司、杉本哲太、奈緒といった実力派俳優が、劇場版からの新キャストとして集結した。

そして、主題歌にはBTSの新曲『Film out』が決定した。2018年に放送されたドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』で主題歌『Don’t Leave Me』を書き下ろしたBTSに、今回の劇場版の主題歌を映画関係者がオファー。オファーを受けたBTSは今回の主題歌を制作するにあたり、美しいメロディと切ない歌詞で圧倒的な表現力を誇るback numberに楽曲プロデュースを依頼。以前、音楽番組出演の際に楽屋が近かったことで互いに挨拶をする機会もあり、BTSからのオファーをback numberも快諾し、『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』の主題歌制作がスタートした。


今回の主題歌となった『Film out』は、今でも目に浮かぶあの人、心の中から消えないあの人を想う情緒深いバラードになっており、制作過程ではback numberの作ったメロディラインに感化されたBTSメンバーJUNG KOOKが新しいメロディを提案するなど、互いの思いが1曲に集約された文字通りback numberとBTSのコラボレーション作品が実現。なお、back numberにとって、楽曲提供は初めてとなる。


さらに、その主題歌を使用した最新の予告映像も解禁された。時空を超えて繋がる無線機によって、再び協力して凶悪事件に挑む三枝(坂口)と大山(北村)。襲われて逃げる三枝や、銃で撃たれる大山など、先の読めない緊迫感と迫力のアクションシーンから目が離せない。さらに、BTSが歌う切ない楽曲をバックに、三枝に微笑みかけるミチル(奈緒)や、大山を想って涙する美咲(吉瀬)の心揺さぶる表情にも注目だ。



繋がるはずのない無線機は、なぜ再び鳴り出したのか?20年前と現在の事件の真実とは…?連続ドラマからスケールアップして戻ってきた『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』は4月2日(金)より全国東宝系にて公開。



1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)