幼き日の北川景子を見つめるイケメンの正体は…あの俳優の息子だった

映画・舞台 公開日:2021/02/15 31
この記事を
クリップ

Uruが先週2月10日にリリースしたニューシングル『ファーストラヴ』のミュージックビデオに窪塚洋介の息子、窪塚愛流が出演していることが発表された。



『ファーストラヴ』は2月11日公開の映画『ファーストラヴ』のためにUruが作詞・作曲を手掛け書き下ろした楽曲で、“タイトルを考えるにあたりこれ以外のタイトルが見つからない”として映画と同名のタイトルを冠した1曲。

先日公開されたミュージックビデオは、今回がMV初出演となる北川景子と堤幸彦原案・監督による完全撮りおろし映像で、北川景子が演じる由紀がひとり思い悩んでいた中学生の頃を回想するという映画『ファーストラヴ』の後日談ともいえるアザーストーリー。


菊地麻衣が演じる中学生時代の由紀が川沿いを俯きながら歩き、ふと顔を上げると通りすがりのひとりの男の子がこちらを振り返り見つめている。窪塚洋介が演じる我聞の若き日を彷彿とさせるその男の子が、やさしく微笑みかけるその笑顔に、硬くこわばっていた由紀の表情も思わず綻んで――。思春期の淡い記憶と現在が交錯するMVは、そのエモーショナルな仕上がりに大きな反響が巻き起こっている。

映画では、由紀の夫・我聞を窪塚洋介が演じていたが、ミュージックビデオに登場する男の子は窪塚の息子で俳優・モデルの窪塚愛流が演じている。ミュージックビデオは初出演という窪塚愛流は「初めてこの曲を聴いたときに気持ちが揺さぶられ、心を何かにつかまれるようで感動しました。ミュージックビデオに出たいという夢が実現できてとても嬉しいです。堤幸彦監督、そして僕の父も出演している作品ということで、とてもワクワクしていました。今回、(堤監督からは)ひとつひとつ丁寧に指導していただき、父とは真壁我聞という役がどんな人生を送ってきたのかを話して、『楽しんで』と言って送り出してもらい撮影に臨みました」と充実の撮影だった事をコメントしている。

映画の物語ともリンクする淡い思い出が映し出されたこのMV、そして映画本編の両方を堪能して、窪塚洋介・愛流のクロスオーバーも味わっていただきたい。

▼関連インタビュー

【次ページ】窪塚愛流 コメント掲載、注目のMVも



1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)