渡邊圭祐、機材ハプニングに見舞われるも“大吉”に興奮「やったー!」

映画・舞台 公開日:2021/02/11 16
この記事を
クリップ

俳優の新田真剣佑が主演を務める映画『ブレイブ –群青戦記-』の大ヒット祈願イベントが11日、都内・上野東照宮にて開催。新田、山崎紘菜、鈴木伸之、渡邊圭祐、本広克行監督が出席した。


笠原真樹の人気コミック『群青戦記 グンジョーセンキ』を実写映画化した同作。高校生アスリートたちが、仲間を守るために生死を賭けた戦いの中で成長していく結束力のドラマと、いまだ見たことのない高校生VS戦国武士という「異色」のアクションを熱く描く。


本作で三浦春馬さんが演じた徳川家康を祀る神社として知られる上野東照宮。キャスト一同とともに祈祷を終えた新田は「僕にとっても、(新田演じる)蒼にとっても家康はとてもとても大きな存在で、ここでこういうイベントができることは幸せに思います」としみじみと語った。


作品については「日本版『アベンジャーズ』だなと思いました」と語る新田が「ここにいる鈴木伸之さんが、いつも先頭にいるキャラクターで、アイアンマンなんですよ」と鈴木を大人気ヒーローに例えると、鈴木は「めっちゃうれしいです」と歓喜。


鈴木はアイアンマンのように片手を前に突き出し「なかなか手をこうやってやるところはなかった」と冗談を飛ばしつつ、「涙をこらえないとこぼれそうになる箇所が多々あります。登場人物が全員、人のために行動を移して、決断していく作品なので、高校生たちが今の瞬間に全力をかけていることが印象的。現代に生きるすべての人に共感していただけるメッセージがいっぱいあると感じました」と作品の魅力を語った。


【次ページ】渡邊圭祐、仲間はずれ !?「僕だけ仲良くないんですよね...」

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 60件)