西島秀俊、綾瀬はるかの取り扱いは「とりあえず褒める」じゃないと「急に絡まれる」

映画・舞台 公開日:2021/02/09 19
この記事を
クリップ

イベント終盤には、作品タイトルにちなみ「お互いの取り扱い注意ポイント」を紹介し合う一幕も。西島について聞かれた綾瀬は「こう見えて、甘いものがお好きなんですよ。甘いおやつをあげれば喜ぶ」と意外な一面を暴露。西島は「そうですね。好きですね(笑)。現場でも甘いものがあるところに僕はいます」と苦笑した。


さらにどんな時に甘いものをあげればよいかと尋ねられた綾瀬が「待っている間、常にですね。お昼ご飯が撮影で押しちゃって、『お腹空いたなぁ』ってブツッて言っている時とか、甘いものがあれば大丈夫」と話すと、西島は「言ってないよそんなの!(笑)『お腹空いたなぁ』とか言ってないから」と笑いながら否定。綾瀬も「言ってたよ」と笑い、会場に和やかな雰囲気が漂った。


一方、西島は綾瀬を「褒めるとのびるタイプなんで、とりあえず褒めておく。『今のアクションすごく格好良かったよ』ってことを伝えていかないと、『なんかお兄ちゃんのほうが格好良くない?』とか急に絡まれたりする」と解説。「『すっごい格好良いよ』って伝えていくと、『本当に!?』ってどんどんアクションが良くなっていく」と明かすと、綾瀬は「褒められると『やったー』って思ってうれしくなります」と笑顔を浮かべていた。


【画像もっと見る】笑顔の綾瀬はるか(他全24枚)


劇場版『奥様は、取り扱い注意』は3月19日より全国公開。


【関連記事】『天国と地獄』綾瀬はるかと高橋一生の“心の距離”に変化

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 24件)