菅田将暉&有村架純「こんなリアルな恋愛映画初めて」全国で“はな恋現象”加速中

映画・舞台 公開日:2021/02/08 6
この記事を
クリップ

1月29日(金)に公開され1週目に動員&興行収入で1位を記録した『花束みたいな恋をした』が公開2週目の週末(2月6日~2月7日)もその勢いは衰えず、2日間の興行成績が動員:154,282人/興収:221,790,260円となり、異例の前週超えで驚異の2週連続1位を記録した。



【関連】菅田将暉&有村架純 “まるで本物の恋人” お互いを撮影したオフショット大公開



20代のカップルや女性グループを始め、男女幅広い層が劇場に足を運び大ヒットスタートを切った本作。興行収入ランキング15週連続1位の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」にストップをかけ、9月18日公開の『TENET テネット』以来の実写映画1位という結果に、「実写がトップとるのは久しぶりではないか?行ってみるか!」、「普段恋愛系の映画見たいと思わんけど花束みたいな恋をした、はふつうに気になる」と人々の興味を刺激し前週比116%、興行収入&動員数共に異例の初週を超える2週連続1位を記録し、はな恋現象と化している。


さらに既に映画を鑑賞した方は、「自分の中に入っていく感じがすごいし、人事には思えない感じがしたっていうか、3年付き合ってた元彼とのお別れを思い出した。泣いた。」、「鑑賞後、自身の恋愛観を吐露したくなり一緒に観た人と語り合った。主演二人のさりげない好演に、いつかの自分を重ね思い出した。」、「どこにでもあるような恋人同士の5年間が妙にリアルで丁寧で懐かしくて、わたしも20代の頃こんな風に恋愛してたなぁと思い出した。そんな時間が確かにあった事を今でも幸せに思う。」と麦と絹の物語に共感し、それぞれの過去と重ねた口コミが広がっている様子。

本作はフィクションであるにも関わらず、“菅田将暉&有村架純による恋愛映画”を観ているという感覚を超え、全ての人が“私の物語”として自然と受け取れるようなオリジナル映画であることもヒットの要因に繋がっていると考えられる。また、「2回目だと内容が1回目の時よりスッて入ってくる。こんなに考えさせられてリアルな恋愛映画は初めて...」、「二回目なのにしっっかり泣きました。ちなみに明日3回目のはな恋観に行ってきます。飽きません!」、「一回では終わりませんねえ。次はいつ観に行こうか。ソフトも出たらすぐ買います。」と感情移入や咀嚼をしながら楽しめる新しいラブストーリーに、リピーターの声も続出している。日本全国で巻き起こる“はな恋現象”を是非、劇場で楽しもう。




■映画『花束みたいな恋をした』

脚本:坂元裕二
監督:土井裕泰
出演:菅田将暉 有村架純
清原果耶 細田佳央太
韓英恵 中崎敏 小久保寿人 瀧内公美
森優作 古川琴音 篠原悠伸 八木アリサ
押井守 Awesome City Club PORIN/佐藤寛太 岡部たかし
オダギリジョー
戸田恵子 岩松了 小林薫

(C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会




※本記事は掲載時点の情報です。