菅田将暉、綾野剛からのメッセージに返答、互いの主演作にエール送る

映画・舞台 公開日:2021/01/29 21
この記事を
クリップ

映画『花束みたいな恋をした』公開初日イベントが29日、都内で開催され、ダブル主演を務めた菅田将暉、有村架純、土井裕泰監督、脚本家の坂元裕二が出席した。


本作は、ドラマ『東京ラブスト―リー』や『カルテット』などの脚本家の坂元裕二が書き下ろしたラブストーリー。井の頭線・明大前駅で終電を逃してしまったことから出会った大学生の山音麦(菅田)と八谷絹(有村)の、5年間の愛の軌跡を描く。


脚本家の坂元にとって、初のオリジナル恋愛映画脚本。自身がストーリーを作ったにも関わらず、出来上がった作品を鑑賞した際には「素直に沁みてちょっと泣きました」と感想を述べると、菅田も有村も嬉しそうな笑顔を見せる。


本作の企画は、菅田と坂元が3年ぐらい前にとある場所で会った際に、菅田が坂元に「ラブストーリーをやりたい」と話したことから始まったという。いまから5年前に初めて菅田と会ったとき坂元は「怖い人」という印象を持っていたようで、菅田の発言は「意外」だと感じていたというが、菅田は「なんでラブストーリーをやりたいと言ったのかな……単なる思い付きだったと思います」と照れ笑い。


映画を鑑賞した人から、菅田と有村の芝居への称賛が相次いでいるが、坂元は「菅田さんは多面的で矛盾した魅力を持つ俳優さん。有村さんはミステリアスで何を考えているのか分からない。不思議な手品を見せられているような女優さん」と賞する。


菅田は「最初の印象がヤバくて怖い人ということだったので、それだけではなく僕の光も見てくれていたんですね。すごく嬉しいです」と笑顔を見せると、有村も「なかなか坂元さんから直接お言葉をいただけることがないので、改めてそう言われると恥ずかしいですね。以前坂元さんと対談させていただいたときも『有村さんは一生分からないと思う』とおっしゃっていましたが、そのまま分からない存在でいられたらと思います」と破顔していた。


【画像】もっと見る(全36枚)


コロナ禍でいろいろな作品の公開が延期されるなか、無事本作は初日を迎えることができた。菅田は「映画館で公開することも、劇場で観ていただくことも大事ですが、年齢も関係ないし、性別も関係ない普遍的な作品」と発言すると「DVD出てからでもいいので観てほしい」と作品の広がりに期待を見せる。


さらに菅田は、本作のイベントの前に行われた映画『ヤクザと家族 The Family』で主演を務めた綾野剛が、この日初日を迎えた作品と共闘することを誓っていた発言を受け、「剛くんの『ヤクザと家族』も観てくださいね」と異例の宣伝を行い、会場を盛り上げていた。


▼綾野剛からの“エール”記事はコチラ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 36件)