綾野剛「会いに行きます。待っていて」ファンへメッセージ

映画・舞台 公開日:2021/01/29 33
この記事を
クリップ

綾野剛と舘ひろしが初共演する映画『ヤクザと家族 The Family』の初日舞台挨拶が29日、都内にて開催。綾野、舘、磯村勇斗、小宮山莉渚、藤井道人監督が出席した。


本作は、1999年、2005年、2019年と変わりゆく3つの時代に、ヤクザとして生きるしかなかった男と彼を取り巻く人々を、抗争ではなく家族という視点から描いたヒューマンストーリー。少年期に柴咲組組長の危機を救ったことからヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治を初のヤクザ役となる綾野が、山本に“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を、43年ぶりのヤクザ役となる舘がそれぞれ演じる。


作品の評判について綾野は「(周囲から)『大傑作だ』と言われます。自分自身の集大成であることは間違いないですし、最愛の作品なので、客観的なお言葉を聞いた時に『自分たちの愛を受け取っていただけたんだな』という感覚」とコメント。同じく舘は「私の友達で、試写会の抽選にうまく当たった方がいて『すごく泣いた』と言われてすごくうれしかったです」と語った。


この日、綾野が着用していたスーツは舘から譲り受けたものだという。綾野は「舘さんがもともと着ていたスーツを継承しました」と明かすと、舘は「ある番組でそういうことになりまして(笑)」と告白。綾野が「半ば強引に、僕たちが欲しい欲しいと(笑)」と打ち明けると、舘は「僕が着てるより格好良いんで、今返してもらいたいと思っています」と笑いを誘った。


【次ページ】綾野剛、39歳のバースデーサプライズに歓喜

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 58件)