阿部寛&北村匠海 親子役で初共演、名作『とんび』初映画化

映画・舞台 公開日:2021/01/28 8
この記事を
クリップ

親子の絆を描く感涙の名作、累計60万部を超える大ベストセラー小説、重松清著『とんび』が待望の初映画化。2020年末に重松清氏の故郷でもある岡山県を中心に撮影が行われ、2022年の劇場公開が決定した。監督は『64 -ロクヨン-』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『糸』など多くのヒット作を手掛ける、瀬々敬久。



物語の舞台は広島県備後市。ヤス(市川安男)は、愛妻との間に待望の息子アキラ(市川旭)を授かったが、ようやく手に入れた幸せは、妻の事故死で無残にも打ち砕かれてしまう。親の愛を知らずして父になったヤスは、仲間たちに助けられながら、不器用にも息子を愛し育て続けた――。


主人公のヤスこと市川安男役には、数々の人気作に出演し、『テルマエ・ロマエ』『下町ロケット』などで大ヒットを飛ばした、日本を代表する唯一無二の俳優・阿部寛。破天荒で愛すべき父・ヤスを圧巻の表現力で演じる。「明るさと、優しさ、パワフルな男らしさを兼ね備え、昭和の香りを知っている阿部さんとならば、活気に満ち溢れた作品に出来る」と、瀬々監督。息子・アキラこと市川旭役には、『思い、思われ、ふり、ふられ』『とんかつDJアゲ太郎』『東京リベンジャーズ』など幅広いジャンルでの映画主演が続き、今最も注目を浴びる若手実力派・北村匠海。本作が初共演ながらも、親子の繊細な関係を見事に演じきった。

主演の阿部寛は「今、世の中が世界的に分断され、さらにコロナウィルスで人々の間に亀裂が入り、距離が生じている時だからこそ、人々が助け合って生きるこの物語が、皆様に届いてくれればいいなと思います」北村匠海は「家族という存在は、時が経っても変わらないもの。この映画で描かれている親子の話はきっと誰かに届けられるものだと思います」と、それぞれコメントしている。

これまで2度テレビドラマ化され話題を呼んだ、時代を超えて愛され続ける永遠のベストセラー小説が、豪華キャスト・スタッフにより、オリジナルエピソードが加えられ、映画版『とんび』として新たに蘇る。日本一不器用だけれど、海より深い愛で息子を育て続けた父と、一歩一歩まっすぐな大人へと成長していく息子――。阿部寛と北村匠海、新たな“とんびと鷹”で贈る、いつの世も変わることのない親子の不滅の絆を描く“家族の物語”がここに誕生する。


【次ページ】阿部寛、北村匠海らコメント掲載

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)