竹内涼真の激しいアクションシーン、見た目には伝わりにくい?その凄さとは

映画・舞台 公開日:2021/01/28 17
この記事を
クリップ

3月5日(金)公開の映画『太陽は動かない』より、竹内涼真がスタントなしで挑んだ激しいアクションシーンの映像が解禁となった。



『怒り』『悪人』などヒット作を生み出し続ける人気小説家・吉田修一のサスペンス小説『太陽は動かない』が『海猿』シリーズ、『暗殺教室』シリーズなど日本を代表するエンターテイメント超大作を手掛けてきた監督・羽住英一郎によって待望の映画化。


世界を股にかけた壮大なスケールと、様々なシチュエーションでのアクションシーンなどから映像化は不可能と言われた巨編を描く。日本国内での撮影に加え、東欧ブルガリアにて約1ヶ月にも及ぶ海外ロケを敢行。市街地の道路を完全封鎖したカーアクションシーンの撮影や、列車を丸ごと貸し切り、首都ソフィアにて終日走行させながらのアクションシーンの撮影など、日本では実現不可能ともいえる超異例づくしの大規模な撮影を行った。

主演は『22年目の告白-私が殺人犯です-』『カイジ ファイナルゲーム』など数々の強烈なキャラクターを演じ、常に日本映画界のトップを走り続けてきた藤原竜也。そして共演は、『センセイ君主』『テセウスの船』などで、爽やかなラブコメからシリアスなミステリーまで幅広く役柄を重ね、名実共に若手俳優No.1の呼び声も高い竹内涼真。本作では、半年間鍛え上げたという肉体を惜しげもなく披露し初の本格アクションに挑み、藤原とともに心臓に爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るという極限まで追い詰められた秘密組織のエージェントを演じる。

そんな本作からこの度、竹内涼真演じる田岡の激しいアクションシーンが解禁。猛スピードで走る列車の中、スーツケースを持つ怪しげな男の後をつける竹内演じる田岡。扉の先に男が待ち伏せており、一触即発の肉弾戦が待ち構えていた。攻撃をしかけてくる男に果敢に挑む田岡。あらゆるものを駆使し、どうにか抑制しようとするが、追いつめられてしまう。さらにはサンドバックのように体を殴ら続け、猛スピードで走る列車から振り落とされそうになる田岡の運命はいかに。絶体絶命の極限状況から一瞬たりとも目が離せない。

竹内は撮影の合間に入念なリハーサルをこなし、全てスタントなしでの撮影に挑んでいる。本作の大瀧亮プロデューサーはこのシーンの撮影について「竹内さんは見せ場となる列車内でのアクションに向けて非常に緊張もされていましたが、鍛え上げてくださった肉体のおかげもあり重戦車のようなパワーとそれでいてしなやかなアクションを体現してくださいました。見た目にはなかなか伝わりにくいかもしれませんが、実際に動いている列車の中でのアクションなので体が左右に振られたり、足元が覚束ないという枷を背負いながらやっていらっしゃるということを認識した上で観ると、その凄さが伝わると思います」と振り返る。かつては共産党幹部専用の御用車であったブルガリア国鉄を貸し切って行われた見応え満載の圧倒的スケールのアクションシーンは要注目。

これまでの日本映画を完全に超えたエンターテイメント超大作『太陽は動かない』。新たな歴史を刻む究極のノンストップ・サスペンスが3月5日(金)に幕を開ける。

■映画『太陽は動かない』
2021年3月5日(金) 全国ロードショー
出演:藤原竜也、竹内涼真、ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市 ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

▼映画『太陽は動かない』 竹内涼真アクションシーン本編映像

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)